FC2ブログ

近江探訪 その80

近江探訪
02 /02 2017

実は、河原町芹町の重要伝統的建造物群保存地区を過ぎ芹川を渡った南側にも、かなり広範囲にわたって古い町並みが見られます。具体的には沼波町、元岡町、大橋町、芹中町の一帯です。


一帯を示すグーグル地図画像。

この一帯の商家建築は保存地区に引けを取らないものが数多くあります。面白いのは大阪府で見られるような、二段の袖うだつまであることです。地域的には沼波町、元岡町、大橋町、芹中町などとなります。早速行ってみましょう。

DSCN1730_convert_20170201095344.jpg
うだつの上がった建物がすぐに見つかりました。

場所は沼波町の北端部となります。建物全体がかなり傷んでいるのが残念な点です。是非修復保存してほしいのですが、保存地区から外れているのが気がかりです。

DSCN1728_convert_20170201095432.jpg
接近します。お隣は三階建てのようにも見えます。

DSCN1732_convert_20170201095514.jpg
ズームします。大型商家が二軒並んでいると迫力がありますね。

DSCN1731_convert_20170201095604.jpg
うだつ部分を拡大。

DSCN1735_convert_20170201095655.jpg
逆方向から撮影。

DSCN1729_convert_20170201095741.jpg
三本の御弊と御弊額。尾張などでは見られないもので珍しいですね。

DSCN1725_convert_20170201095822.jpg
古い商家が三軒並んでいます。

DSCN1726_convert_20170201095919.jpg
拡大画像。



スポンサーサイト



酔石亭主

FC2ブログへようこそ!