FC2ブログ

春の大阪散歩 その5


造幣局の桜もそろそろ終わりに近くなってきました。

DSCN0702_convert_20170505123612.jpg
枝垂桜。

DSCN0703_convert_20170505123713.jpg
もう一枚。樹形はいいとは言えません。

造幣局の桜を見終わり京阪国道の桜宮橋を潜ります。高層ビルが2棟見えて、そのほぼ足下に何やら洋館らしき建物が…。

DSCN0717_convert_20170505123804.jpg
高層ビルと洋館。

DSCN0716_convert_20170505123908.jpg
ギリシャの神殿のような建物です。もっと近寄って見たいのですが、敷地内に入れません。

DSCN0706_convert_20170505124056.jpg
撮影位置を少し変えたところ、多少はよく見えています。

これは旧桜宮公会堂の建物とのこと。なぜ公会堂がこんな建物なのかよくわかりません。調べたところ、旧造幣局玄関を移築した旧明治天皇記念館(=旧桜宮公会堂)だとのことで、現在は結構式場やフレンチレストランなどとして使われているようです。こんな場所で優雅にディナーなどを楽しんでみたいものです。華麗なる一族になった気がするかもしれません、などと言う妄想は横に置いてもう一棟の建物も見てみましょう。

DSCN0705_convert_20170505123958.jpg
洋館建築。

外観は綺麗になっていますが、結構古そうで泉布館と言う名前の建物とのこと。詳細は以下Wikipediaより引用します。

泉布観(せんぷかん)は、大阪市北区にある歴史的建造物。大川沿いに位置する、大阪府に現存する最古の洋風建築である。国の重要文化財に指定されている。
1871年(明治4年)に造幣寮(現在の造幣局)の応接所として建設された。設計者はトーマス・ウォートルス。完成の翌年に明治天皇が行幸し、貨幣を意味する「泉布」と館を意味する「観」から泉布観と命名。明治天皇自身も3回も訪れ、皇族や外国の要人を数多く迎えた。

由緒ある建物だと理解できました。さすがに大阪、見所が多いですね。



スポンサーサイト



プロフィール

酔石亭主

Author:酔石亭主
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる