FC2ブログ

尾張と遠賀川流域の謎を解く その13

尾張と遠賀川流域の謎を解く
08 /10 2017

今回は福岡県北九州市八幡西区本城2丁目1番56号に鎮座する八剣神社を見ていきます。検討課題は源範頼がここに熱田大神を勧請したかどうかです。とても興味深いので、早速行ってみましょう。


鎮座地を示すグーグル地図画像。主要道路となる199号線脇に鎮座しています。

DSCN1236_convert_20170809080610.jpg
鳥居です。八劔神社との表記になっています。

DSCN1237_convert_20170809080717.jpg
楠の巨木がありました。

DSCN1238_convert_20170809080820.jpg
木がコンクリの支柱を咥え込んでいるように見えます。

人の顔のようにも見えてしまいます。珍百景になるかもしれません。

DSCN1239_convert_20170809080918.jpg
石柱の咥え込み具合が凄い。

DSCN1240_convert_20170809081017.jpg
石段と鳥居。

DSCN1245_convert_20170809081121.jpg
拝殿。

DSCN1246_convert_20170809081158.jpg
本殿。

DSCN1247_convert_20170809081258.jpg
地神とあります。古い石祠だったようです。他に何社かの境内社もありました。

今回は同社の紹介のみとして、由緒の検討は次回とします。

       尾張と遠賀川流域の謎を解く その14に続く
スポンサーサイト



酔石亭主

FC2ブログへようこそ!