FC2ブログ

尾張と遠賀川流域の謎を解く その25


今回は中山八剣神社と似たようなケースが他にないか探ってみます。実は遠賀川流域の聖山となる六ヶ岳に関連して気になる部分があるのです。この山は旭岳が最高峰で、天冠、羽衣、高祖、崎戸、出穂の五峰を合わせ六峰あることから、六ヶ岳と呼ばれています。


六ヶ岳の位置を示すグーグル地図画像。

六ヶ岳の一つ崎戸山には宗像三女神が天降りしたとの伝説があり、天孫瓊々杵尊(ににぎのみこと)の御陵もあるとのことで、聖山と称するに相応しい山と言えるでしょう。当地の伝説によると、第一峰旭岳に天孫瓊々杵尊の亡骸を、第二峰天冠山には冠を第三峰羽衣岳には衣を埋葬し奉ったとのことです。また宗像三女神は崎戸山に天降った後、宗像に遷ったとされています。

DSCN0914_convert_20170826081041.jpg
六ヶ岳です。

DSCN0915_convert_20170826081124.jpg
もう一枚。

六ヶ岳に関してはチェリーさんが以下のブログで詳しく書かれていますので参照ください。
http://sakurasaku0911.blog.fc2.com/blog-entry-122.html

六ヶ岳山麓の鞍手町室木には宗像三女神を祀る六嶽神社が鎮座しているので行ってみましょう。


六嶽神社の位置を示すグーグル地図画像。

DSCN1046_convert_20170826081346.jpg
六嶽神社の鳥居。

DSCN1045_convert_20170826081242.jpg
境内。結構森の中の雰囲気があります。

DSCN1047_convert_20170826081442.jpg
原始的な鳥居越しに見る拝殿。社殿はそれほど大きなものではありません。

DSCN1040_convert_20170826081531.jpg
拝殿をズーム。

DSCN1041_convert_20170826081624.jpg
本殿。

DSCN1043_convert_20170826081719.jpg
巨木とまでは言えません。サルノコシカケが出ているので、いずれ朽ちるのでしょう。

DSCN1044_convert_20170826081757.jpg
由緒が簡潔に書かれた解説板。

紀元前700年の頃、皇女3神霊山六嶽崎門峰にご降臨あり、この地を上宮と定め、室木の里に下宮を建立し、安産交通安全の守護神として鎮守の社となる。
御祭神 田心姫ノ神 湍津姫ノ神 市杵姫ノ神 

紀元前700年とありますが、どうやってそれを確認したのでしょうね。神武天皇の即位が紀元前660年とされることや、宗像3女神は天照大神の子神である点を踏まえ、神武天皇の40年前で紀元前700年としたのでしょうか?それはともかくとして、由緒内容の検討は次回とします。

          尾張と遠賀川流域の謎を解く その26に続く
スポンサーサイト



プロフィール

酔石亭主

Author:酔石亭主
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる