FC2ブログ

浜松の秦氏 その6


今回からは、前回で書いた赤蛇伝説の関係地を数回にわたり見ていきます。まずは潮海寺です。赤蛇伝説では以下のように書かれていました。

坂上田村麻呂将軍が東征の際、この海の西岸の船岡山(現在の半田山)に到着した。日々を経て、城飼郡の潮海寺の薬師菩薩の霊が現れ、将軍はここに御在所を建てた。東夷の輩を成敗して軍勢が山名郡に帰った時、逆風がしきりに吹いて海が荒れた。再び薬師菩薩が現れると、風は止み浪も穏やかになり、船岡山に無事到着した。

潮海寺の薬師菩薩は赤蛇伝説において結構重要な役割を果たしているようです。このお寺は天竜川の東側となる菊川市に所在しており、訪問できていないので 菊川市観光・旅行見所ナビより引用します。詳細は以下のホームページを参照ください。
https://www.sizutabi.com/kikukawa/tyoukai.html

潮海寺の創建は不詳ですが伝承によると聖武天皇の御代(724~49)、行基菩薩が開いたのが始まりと伝えられています。桓武天皇の御代(781~806)には坂上田村麻呂が七堂伽藍を整備したとされ、最盛期には寺領3千石、坊院75坊を擁する大寺として大きな影響力を持ちました。境内背後の高台は砦として今川氏や徳川氏が利用していたこともあり度重なる兵火により多くの堂宇(旧薬師堂は発掘の結果67個の礎石が発見され百数十畳の広さがあったと推定されています。)、寺宝、記録などが焼失し衰退します。

潮海寺側では赤蛇伝説に関連する話は見られないようです。ただ、実質的な創建に坂上田村麻呂が関与していた点は確認されます。次に赤蛇の住んでいたとされる赤池山光福寺を見ていきましょう。現在は赤池山白華寺(はっかじ)となっており、赤池薬師と称されています。所在地は浜松市中区上島7丁目14。


白華寺の位置を示すグーグル地図画像。

寺のすぐ東側は馬込川となっているので、白華寺は川と台地の境目のような場所に建っていたことになります。その意味では赤蛇の棲むにふさわしい場所と言えそうです。

DSCN0508_convert_20181129135829.jpg
石柱に俊光将軍生誕の旧蹟とあります。

DSCN0509_convert_20181129135948.jpg
境内へ続く急な石段。

DSCN0510_convert_20181129140043.jpg
本堂です。

新しい建物のようです。背後の崖はコンクリで固められ、崖上にはマンションか何かの工事中のようです。趣に欠けますね。

DSCN0511_convert_20181129140151.jpg
解説板の略縁起。画像サイズを大きくしています。

略縁起の内容は白華寺のホームページより以下引用します。

当山の伝承は遠く平安初期、人皇五十代桓武天皇の延暦十四年(791年)、征夷大将軍坂上田村麻呂東征のみぎり、遠江国岩田の海に赤蛇が住み、渡海の旅人に危害を加えていた。田村麻呂将軍は諸住民の難渋を救うべく遠江国小笠郡堀之内潮海寺より薬師如来を歓請し、当地に薬師堂を建立し祈願。佛道に依り、赤蛇は将軍の子を形見として田村麻呂将軍に預け、以後岩田の海の航行往来の安全を約し二俣鹿島の椎ヶ脇の渕に沈むと伝えられる。境内には田村麻呂の子・二代将軍俊光公誕生の産湯の池があります。寺伝に依れば、当寺は真言宗廣厳城山潮海寺末赤池山光福院と称し東円院、三松院等末寺六ヶ寺を有すると伝えられる。

延暦十四年(791年)とありますが、延暦十四年は795年となります。白華寺は潮海寺の末寺だったのですね。そうした関係から潮海寺の薬師菩薩の話が出てきたのでしょうか?ホームページは下記となります。略縁起では延歴十三年(794年)とあります。縁起ですから細かな点はいいでしょう。
http://www.geocities.jp/a_hakkaji25/

白華寺が俊光将軍の誕生の地となっているので、田村麻呂はこの辺りで赤蛇と契り俊光が生まれたことになりそうです。伝説では「赤蛇の住んだところを赤池と言う。敷知郡上嶋村の赤池がこれである。そこに寺を建て、赤池山光福寺と号す。」とありますので、お寺の縁起で産湯の池とあるところが赤池となりそうです。

DSCN0513_convert_20181129140436.jpg
産湯の池(赤池)。狭い水溜まりに過ぎません。

DSCN0514_convert_20181129140612.jpg
龍女菩薩。赤蛇のことでしょう。

DSCN0512_convert_20181129140322.jpg
赤池薬師の杉。樹齢600年だそうですが…。

赤蛇は二俣鹿島の椎ヶ脇の淵に沈んだと伝えられているとのこと。白華寺からはかなり距離もありますが、次回はその場所を見ていきます。
スポンサーサイト



プロフィール

酔石亭主

Author:酔石亭主
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる