FC2ブログ

浜松探訪 笠井観音


服織神社の一帯は遠州織物の産地として有名で、その中心には笠井観音があります。と言うことで、笠井観音(福來寺)の由来を簡単に見ていきましょう。


所在地を示すグーグル地図画像。住所は浜松市東区笠井町252。

DSCN0463_convert_20190213141617.jpg
門と境内。オープンな感じのお寺です。

DSCN0464_convert_20190213141719.jpg
解説板。

DSCN0466_convert_20190213141823.jpg
本堂。

DSCN0467_convert_20190218083805.jpg
斜め位置から撮影。

以下は、「Doはままつ」より引用させていただきました。
http://dohama.jp/powerspot/spot/hukuraiji.html

大同元年(806年)、天竜川の川底で夜ごと光る物があり、村人が引き揚げるとそれは三尺くらいの木の仏像であった。村人は仏像を水で清め、切り株の上に安置し敬っていたところ近郷で有名になり、雨の日には誰かが笠をかぶせるようになった。この笠かぶり観音がのちに笠井観音となり、観音堂を中心に市が立つようになった。

「その1」で既に書いたように、龍禅寺の創建も出現した千手観音像を祀った806年とされており、笠井観音が龍禅寺の伝承を流用したか、或いはその逆か定かではありませんが、両寺の伝承に関係性があるのは間違いないところです。ちなみに遠州織物の始まりは江戸時代と新しく、秦氏や服部氏の時代とは関係がありません。もちろんその背景には、古代の機織を持ち込んだ服部氏などの影響があったのかもしれませんが…。
スポンサーサイト



プロフィール

酔石亭主

Author:酔石亭主
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる