FC2ブログ

有松のうだつ建築 その2

建物探訪
11 /16 2012

井桁屋のうだつを様々な角度から撮影します。

057_convert_20121115092155.jpg
前回とほとんど同じです。

058_convert_20121115092228.jpg
うだつに接近。

059_convert_20121115092253.jpg
さらに接近します。

054_convert_20121115092329.jpg
手前側のうだつです。

うだつは本来防火目的で設置されましたが、うだつが上がると言う言葉が示す通り、江戸末期においては商人の財力を示す装飾的な役割が強くなりました。それでも建物は、なまこ壁や虫籠窓、塗ごめ造りなど防火の目的を示す造りとなっています。

酔石亭主の知る限りでは、愛知県におけるうだつは、名古屋市緑区有松に2軒、名古屋市中区古渡町に1軒、常滑市大野に1軒、津島市に1軒となっています。既に全て訪問していますが、津島のうだつはうまく撮影できなかったのでアップしていません。(津島には昭和のうだつもありますが、一応明治時代までで区切っています)

かつては名古屋市内に多くのうだつ建築があったようで、江戸時代の絵図にはその様子が描かれています。四間道や熱田区にも数軒のうだつが近年まで存在していたようです。

037_convert_20121115092400.jpg
かつて存在していた名古屋のうだつ。

明治期の建設で中区錦三丁目にあったそうです。いつ取り壊されたのかは定かでありません。戦争で焼けたのかも…。

             有松のうだつ建築 その3に続く
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

携帯持ってるでしょ?

tr65e5ol
携帯あるんだから
有効に使わなきゃもったいないでしょ
http://u36z1B42.sofban.info/u36z1B42/

酔石亭主

FC2ブログへようこそ!