FC2ブログ

吉野山散歩 その4


蔵王堂を後にして坂道を登り続けます。すると、東南院の多宝塔が見えてきました。

016_convert_20130718080029.jpg
多宝塔。

017_convert_20130718080104.jpg
解説板。こちらも古い歴史を有しているようです。

018_convert_20130718080127.jpg
蔵王堂を遠望。

020_convert_20130718080233.jpg
吉水神社の門。

019_convert_20130718080156.jpg
吉水神社解説石板。

実は今回一番訪問したかったのが吉水神社でした。何しろこの神社はかつて南朝の皇居で、祭神は後醍醐天皇と楠正成、吉水院宗信法印です。解説石板によれば、元は吉水院と言い、役行者が創建した修験道の僧坊でした。

ここは文治元年(1185年)に、頼朝に追われた義経が静御前と弁慶と共に隠れ住んだ場所です。以前「鎌倉・藤沢の義経伝説」で藤沢における義経首塚の所在地を探っています。面白い謎解きでしたが、所在地はマンションの下となっている状況で、とても残念な気分にならざるを得ませんでした。今回は場所も由緒もはっきりしており、義経の存在を感じられるのではと期待しています。

延元元年(1336年)には後醍醐天皇が行幸され、南朝の皇居とされたとのことで、現存する南朝唯一の行宮だったとか。また文禄3年(1594年)には秀吉が吉野で花見を行い、ここが本陣となりました。吉水神社は幾つもの歴史が重層する稀有の場所と言えるでしょう。

021_convert_20130718080259.jpg
吉水神社よりの眺望。

これで桜が満開だったらさぞや素晴らしいことでしょう。

                吉野山散歩 その5に続く
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんにちは

しかしコンコンと湧き出のはあなたさまの「頭の中」です。
どうしてつぎから次へと「ネタ」がつきないんでしょうか?
ご尊敬します。
ブログ続けたいのですが
自身はありません。
いずれにせよあなたさまの「予言」は的中したわけです。

Re: No title

東三河の謎解きが終わるとそろそろネタも尽きそうな感じになります。
関西方面は謎の部分が少ないので難しそうですし…。

ブログは急がず続けてください。
楽しみにしている方は結構多いと思いますよ。

No title

こんばんは

そうですね~
まず「続ける」ことが一番に違いありません。
心 温まるおことば重く受け止めています。

あなたさまの国内外の国勢正論!
面白いのでそちらも、
お力お注ぎください。

Re: No title

おはようございます。

時事関係の記事も時々書こうかと思うのですが、最近は書くまでに至りません。
ただ批判するだけなら小学生でもできますし…。
アベノミクスの三本の矢は中国と韓国の胸板を狙っているのでは、何て思っています。
プロフィール

酔石亭主

Author:酔石亭主
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる