FC2ブログ

東三河の秦氏 その82 持統上皇東三河行幸の謎

東三河の秦氏
12 /17 2013

前回で撮影した石段の脇には守見殿神社が鎮座しています。昭和15年改築のものを手直ししているように思えます。元は薬師堂に奉斎されており、大己貴命の荒魂奇魂を祀っているらしいのですが、解説板は和魂となっておりよくわかりません。この神社には宝印伝授の特殊神事があります。

034_convert_20131217090628.jpg
守見殿神社。解説板の内容は以下。

ご祭神 大己貴命様の和魂(にぎみたま)
ご神徳 心豊かに思慮正しく諸疫病と厄災を防除し守護される宝印祭に秘伝の宝印を伝授する。


037_convert_20131217090817.jpg
乙女前神社遙拝所の石柱と杉の巨木。

乙女前神社は山頂から2.5km程離れた参道脇に鎮座しているとのことで、祭神は大山祇命、天鈿女命、少彦名命となります。地元では蔵王さんと称され、修験道の蔵王信仰との関連が見られます。古くは社殿など存在していなかったようです。

040_convert_20131217090712.jpg
奥宮です。

035_convert_20131217090741.jpg
解説板。

052_convert_20131217090855.jpg
天の磐座。

めいめい岩、行人岩とも称されています。これも修験道に関係がありそうです。何とも良い雰囲気で、確か左手の岩の背後に以前紹介した八柱神社があります。岩に手をつかずに先端部まで登り廻れば(廻廻=めいめい)願いが成就するとか。まあ、畏れ多く危険もありそうなのでチャレンジしてはおりません。

行人岩に関して、長野県阿南町の行人山には行人様の即身仏(ミイラ)がありますが、関係しているのでしょうか?いずれにしても、本宮山にはこれまで見てきたように、修験道の影響が見られます。吉野や熊野の修験道が、平安末期から鎌倉末期における熊野信仰の東三河流入と共に入り込んできたのかもしれません。吉野は既に何度も書いたように中央構造線に沿った地域です。中央構造線沿いには金や死と再背の象徴である水銀の鉱山が見られ、修験道の行者たちは鉱物資源を開拓する山師とも一体的に活動し、東三河を豊川・天竜川沿いに遡っていったのでしょう。

そうした活動が、江戸期における役行者像の建立に繋がり、期せずして東三河のあちこちで目にすることになったのです。修験道の流れは追っていないのですが、熊野信仰や徐福伝承、秦氏の流れとも重複する部分があるので面白そうです。これら全てに共通するのは特殊技能民と言うことでしょうか?「その64」で少し触れた三河吉野朝も多分その流れに乗っているのでしょうね。

044_convert_20131217090928.jpg
荒羽々気神社。こちらも巨木に囲まれています。

045_convert_20131217090952.jpg
解説板。

046_convert_20131217091021.jpg
鳥居。

054_convert_20131217091059.jpg
巨樹の解説板。

050_convert_20131217091131.jpg
巨樹。巨樹のパワーを頂けそうな気がします。

057_convert_20131217091204.jpg
前回撮影の御神木を再度別角度から撮影。

本宮山奥宮は車で簡単に行くことができ、その割には奥深さがあってパワースポット的な雰囲気にも満ちています。歴史探訪は別としても訪問する価値があり、元気な方は是非山麓から参道を歩いて参拝ください。

さて、持統上皇東三河行幸の謎を終盤では神話側と現実側の両面から探索しました。既に書いたように、神話側と現実側を架橋する中継ぎ側が存在するのではないかと現時点では考えています。ただ、荒唐無稽になりそうでまだ考えが纏まりません。もし纏まるようならいずれ書いてみたいと思います。まあ、ほとんど妄想に近いものになりそうですが……。

             東三河の秦氏 その83 持統上皇東三河行幸の謎に続く
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

こんばんは^^

たいへん意義深い内容のある 取り組み
おつかれさまです^^

いつかきっと 世に『上梓』されるんでしょうね^^

きょう 「田光川石」を 1upしました
いつでもひまがあれば みてやってください^^

Re: No title

こんばんは。

書いている内容は粗筋レベルですから、とても上梓できるものではなさそうです。
きちんと書こうと思ったら10倍ぐらい長くなるので、面白くないものになってしまいます。

愛知県から西は専門家が一生をかけて研究しているようなテーマが多くなり、新しい視点を打ち出せそうにありません。
さすがに息切れと言う感じです…。

酔石亭主

FC2ブログへようこそ!