FC2ブログ

熱田神宮 その8


今回は草薙神剣に関連した解説板を見ていきます。

048_convert_20140718054158.jpg
解説板。

草薙の神剣(当初の名前は天叢雲剣)はスサノオが八岐大蛇の尾から取出し、天照大神に召し上げ、瓊瓊杵尊が天下りする際に地上界に持ち込まれ、代々の天皇が宮中で祀りました。崇神天皇の時代に天照大神(=八咫の鏡)が宮中を出る際、草薙の神剣も出され伊勢神宮に鎮座。それを日本武尊が東国征伐に向かう際に倭姫命から授けられたものです。

なお、解説板では神剣で草を薙いだ地は焼津市としていますが、「古事記」には相武国(相模国)とあります。焼津市は駿河国なので相模国ではありません。様々な視点から酔石亭主はその場所を富士吉田市と考えており、富士吉田市は当時相模国の領域内となります。この詳細は「富士山麓の秦氏」に書いています。

049_convert_20140718054245.jpg
次の解説板。

草薙神剣を祀ったのが熱田神宮とはっきり書いてあります。本来の主祭神は、草薙神剣を御霊代としてよせられる天照大神ではないと理解される記述ですね。元々この剣は出雲族のものだったのでしょうが、様々な経緯から尾張氏の神剣となりました。日本武尊は宮簀媛の元に神剣を留めて出発したと実に妙な記述となっていますが、そうしないと皇室の三種の神器である神剣が尾張氏の元にある説明が付かないので、記紀ではこんな書き方をせざるを得なかったのです。

051_convert_20140718054327.jpg
最後の解説板。

朝廷は何とか草薙神剣を自分たちのものにしようと、新羅僧道行の神剣盗難事件を捏造しました。この策謀によって短期間神剣を宮中に置くことができましたが、多分非難轟々で熱田神宮に返還せざるを得なかったのです。天武天皇の時代に返還されたのは、壬申の乱で尾張が最大限の支援をしたためかもしれません。


スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

酔石亭主

Author:酔石亭主
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる