知多四国第43番岩屋寺


岩屋寺は知多郡南知多町山海字間草109番地にある尾張高野山宗の総本山で、前回の天龍寺から470号線をさらに進んだ場所にあります。


位置を示すグーグル地図画像。

岩屋寺奥ノ院としか表示がないのが不思議です。Y字路となった阿原の北側がお寺の境内となります。お寺の伝承によれば、霊亀元年(715年)元正天皇の勅願所として、行基菩薩によって創建されたとのこと。さらに、大同3年(808年)には弘法大師空海がこの寺の奥之院を開いたとされています。尾張高野山宗となったのは比較的新しい昭和26年(1951年)で、天台宗から独立して尾張高野山宗を称しました。

047_convert_20150218131128.jpg
境内案内図です。画像サイズを大きくしています。

031_convert_20150218131206.jpg
本堂です。

033_convert_20150218131246.jpg
鐘楼。

046_convert_20150218131326.jpg
経蔵です。

044_convert_20150218131404.jpg
経蔵をもう一枚。

知多半島には行基が開いたとされる寺が相当数あります。しかし、寺一つ開くにも、全体設計、地元民との打ち合わせ、建築資材の調達、人夫の調達など様々な作業が必要で、完成までには数年を要すると思われます。知多半島にある行基が開いたとされる寺を建てるだけで、彼の寿命は尽きてしまうかもしれません。実際にはあり得ない話です。

ではなぜ行基開基の寺が多いのでしょう。行基は行基集団と称せられるような土木建築部隊を率いていたとされます。つまり行基は、ゼネコンの親分が宗教家を兼ねているような存在だったのです。多分各地に出張所まであり、ひょっとしたら、知多支店まであったのかもしれません。地元の土建業者に本部の監督が派遣され、建設工事が進みます。建築現場の看板に行基建設とでも書かれていたら、地元民は行基が開基したお寺と思い込むでしょう。こうして日本各地に行基開基のお寺が数えきれないほど建立されたのです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

酔石亭主

Author:酔石亭主
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる