若狭探訪 その17


東舞鶴から西舞鶴にかけては尾張氏の謎解きに関連する何か所かを訪問していますが、これらは別途アップする予定です。そろそろ時間もなくなってきたので、また小浜市に戻ることとします。小浜市にはもう一か所見たい場所がありました。それが妙楽寺です。所在地は小浜市野代28-13で、こちらの本堂は鎌倉時代の建立となります。厨子には永仁4年(1296年)の銘があり、若狭における最古の建造物とされています。


位置を示すグーグル地図画像。

271_convert_20150427072219.jpg
石積みが時代を感じさせます。その先には木立に囲まれた仁王門があります。

288_convert_20150427072316.jpg
仁王門です。

272_convert_20150427072400.jpg
解説板。

養老3年(719年)に行基が本尊を彫り、延暦16年(797年)に空海が堂宇を建立したとのことですが、行基、空海となると多分に伝説的ではあります。

284_convert_20150427072454.jpg
仁王門を潜り抜けた位置から撮影。古木が多い。

285_convert_20150427072524.jpg
幹と根の境界がはっきりしません。

287_convert_20150427072620.jpg
杉木立の中を本堂へと向かいます。

281_convert_20150427072702.jpg
ぱっと開けたような場所の奥に本堂が建っています。

289_convert_20150427072915.jpg
解説板。

純和様式建造物の代表例とあります。鎌倉時代に中国から伝わった禅宗様式建築などと異なり、日本的で穏やかな雰囲気を持っています。檜皮葺の屋根もいいですね。先日近江の湖東三山を訪問しましたが、西明寺の本堂は実にほれぼれするような和様建築でした。

279_convert_20150427073227.jpg
地蔵堂。平安時代の地蔵菩薩が安置されています。

今回訪問した若狭のお寺は、どれも長い歴史を持っていて、印象深いものがありました。まだ訪問していないお寺もあるので、機会があれば行ってみたいと思います。

ところで文化庁は、小浜市一帯を日本遺産の一つ、「海と都をつなぐ若狭の往来文化遺産群~御食国(みけつくに)若狭と鯖(さば)街道」に認定したとのことです。世界遺産はまだ先の話ですが、これを機に若狭の素晴らしい文化財がより広く知られるようになるはずです。若狭小浜は関東圏からは遠いものの、歴史好きには見逃せないエリアだと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

酔石亭主

Author:酔石亭主
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる