近江探訪 その3


前回で多賀大社の創建は現在の末社である日向神社(高宮)が元になっているとの新説を提起しました。この説が今後の議論の一助になればと思っています。では、多賀大社の境内に入りましょう。

020_convert_20150520131215.jpg
境内図です。

画像サイズを大きくしています。この境内図に沿って見ていきましょう。

036_convert_20150520131305.jpg
鳥居。

005_convert_20150520131353.jpg
太鼓橋。

009_convert_20150520131624.jpg
神門。

006_convert_20150520131524.jpg
拝殿です。

007_convert_20150520131436.jpg
拝殿をズームします。

拝殿から神楽殿、幣殿、本殿と重なるように続く檜皮葺の屋根は実に流麗で変化に富み、高い神気を醸し出しています。気品ある社殿配置を設計された設計者の実力には脱帽せざるを得ません。同社の社殿は昭和5年の大改修によって現在の姿になったものですが、数百年すれば国の重要文化財に指定されるかも…。多賀大社の詳細は滋賀県神社庁の以下のホームページを参照ください。

http://www.shiga-jinjacho.jp/ycBBS/Board.cgi/02_jinja_db/db/ycDB_02jinja-pc-detail.html?mode:view=1&view:oid=942

            近江探訪 その3に続く
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 近江国四祓所

志賀さん

近江国四祓所の一つとなる「白髭前」が白髭神社かどうかは調べたこともないので存じません。ただ、大津の唐崎神社は天智天皇が三輪山から大己貴神を日吉大社に勧請した際の上陸地とされ、三輪山に関係していると判断されます。
三輪山は豊鋤入姫が天照大神を奉斎して各地を回り最後に三輪山山上にて祀ったが、力尽きて倭姫命にバトンタッチした経緯があり、白髭神社が倭姫命の創建(再建)と伝承されていることから、ここが祓戸の一つである可能性もあります。
一方、高島市にも唐崎神社が鎮座しており、祓戸の神々の鎮座地と由緒に書かれていますので、こちらの可能性も捨てきれません。
ちなみに、彦根は荒神山神社とされていますが、由緒の流れからすると荒神山の麓の唐崎神社が正しそうです。同社由緒には、本殿は淡海国四ケ所祓所の一所なり、近江の国犬上郡の日向神社の所在するところなりと伝う。とあるそうです。


プロフィール

酔石亭主

Author:酔石亭主
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる