近江探訪 その15


今回は湖東三山最後の一寺である百済寺(ひゃくさいじ)です。お寺で頂いた案内によれば、当山は推古天皇の御代に聖徳太子の御願により百済人のために創建された近江最古級の古刹とのこと。その後比叡山に天台宗が開創されると当山も天台の寺院になり、何度かの火災や織田信長の軍勢の焼き打ちにより一山悉く烏有に帰したのです。

西明寺や金剛輪寺は本堂、三重塔などが残ったのに、百済寺が全山焼亡となったのは同寺が織田信長に対抗する佐々木義治などを支援していたためでした。かつては三百坊もの坊舎が建ち並んでいた巨大寺院だったものが、悉く灰燼に帰したのですからその際の光景は正しく地獄のようなものだったのでしょう。三百坊の配置図は以下を参照ください。

142_convert_20150606110403.jpg
三百坊の配置図。画像サイズを大きくしています。

一つの坊舎に10人の僧がいたとして、全部で三千人もの僧がいることになります。彼らが僧兵として信長に楯突いたとすれば、これは信長にとっても相当な脅威となるので、容赦なく叩き潰したのでしょう。強大な権力を振るったかの白河法皇ですら、意のままにならぬもの一つとして比叡山の山法師を挙げているくらいですから、湖東の小叡山とも称された百済寺が脅威になる存在であるとの認識は当然信長も持っていたものと思われます。

その後慶応3年(1650年)になってようやく本堂、仁王門などが再建されこれが現在みられる建築物となっています。従って、国の重要文化財に指定されているのは本堂のみとなり、国宝の建築物はありません。

172_convert_20150606110242.jpg
駐車場から見上げた寺域。

写真では表現できませんが、これを見ただけでも緑のグラデーションが実に素晴らしく来た甲斐があると思ってしまいます。百済寺の所在地は東近江市百済寺町323となります。


所在地を示すグーグル地図画像。

141_convert_20150606110334.jpg
解説板。

143_convert_20150606110445.jpg
菩提樹。本堂脇の千年菩提樹の子孫とのこと。

145_convert_20150606110519.jpg
喜見院の庭園です。池が大きいですね。

146_convert_20150606110635.jpg
池と楓の木々。秋の紅葉はさぞ素晴らしいものと思われます。

147_convert_20150606130459.jpg
位置を変えて撮影。

148_convert_20150606130549.jpg
少し位置を変えて撮影。

149_convert_20150606110711.jpg
さらに位置を変えています。

150_convert_20150606110757.jpg
ズームして撮影。

151_convert_20150606110842.jpg
巨岩。不動石とあります。

今回は庭園だけで終わってしまいました。

            近江探訪 その16に続く
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

酔石亭主

Author:酔石亭主
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる