尾張氏の謎を解く その57


「但馬故事記」によれば、天火明命は真名井原に降臨し、豊受姫命(豊受大神)より五穀蚕桑の種子を得て射狭那子獄(いさなごだけ)に至り、真名井を堀って、土地を豊かに実らせます。大己貴命や少彦名命などから召された天火明命は、この国を支配すべしと言われ、大いに喜んで「永世なり。青雲志楽国」と言ったのが志楽国の地名の起源となりました。この内容は「丹後風土記残欠」とほぼ同じです。

天火明命はその後谿間(たじま、但馬)に入りました。そして真名井を黄沼前(きぬさき、豊岡市城崎町)に掘らせ、御田に水を注いだので、御田井(豊岡市小田井)と言うとあります。「但馬故事記」では陸耳御笠を追う彦坐王が城崎に入っていますので、両者の但馬におけるスタート地点は一致していると理解されます。

豊岡市小田井には小田井縣神社(おだいあがたじんじゃ)が鎮座しています。早速行ってみましょう。鎮座地は豊岡市小田井町15-6で、祭神は国作大己貴命となります。


鎮座地を示すグーグル地図画像。町中の神社です。

151_convert_20150617135810.jpg
鳥居。

153_convert_20150617135921.jpg
拝殿。

157_convert_20150617140057.jpg
拝殿と本殿。

入母屋造りで唐破風付きの拝殿と、その後方に春日造の本殿が流れるように続き、威風堂々たる佇まいです。空に飛び立とうするかのような勢いも感じられました。

158_convert_20150617140122.jpg
扁額。

155_convert_20150617135956.jpg
境内社の柳の宮。

豊岡市の特産であった「柳行李」にちなむ神社です。その歴史は極めて古く、新羅から渡来した天日槍命の時代にまで遡るようです。詳細は以下のホームページを参照ください。
http://www.toyooka-kaban.jp/history/

豊岡市観光・旅行見所ナビには小田井縣神社に関する以下の記載がありました。

小田井縣神社の創建は崇神天皇の御代(紀元前68年)、四道将軍である丹羽道主命がこの地の開発神である国作大己貴命の分霊を勧請したのが始まりと伝えられています。延長5年(927)に編纂された延喜式神名帳に式内小社である「縣神社」に比定される神社で、粟鹿神社、出石神社、養父神社、絹巻神社と共に但馬国五社大明神の1つ、

豊岡市観光・旅行見所ナビホームページは以下を参照ください。
http://www.hyoutabi.com/toyooka/odai.html

資料で確認できませんが、小田井縣神社の祭神には天火明命も入っているようです。丹波道主命が勧請したのであれば、「但馬故事記」の記述からしても天火明命の方がふさわしいように思えます。但馬国五社大明神の1つ絹巻神社の祭神は天火明命、天衣織女命(あまのいおりめのみこと)、海部直命となっています。但馬の城崎には丹後とは別グループの海部氏がいるようです。

天火明命は次に竹野吾田(豊岡市竹野町)を開拓します。天火明命も彦坐王と同様に西へと移動しているのがわかりますね。


豊岡市竹野町の位置を示すグーグル地図画像。

天火明命は続いて狭津吾田を開拓しました。狭津は現在の佐津で、美方郡香美町香住区佐津に当たります。ただ、狭津吾田を御井吾田と言うとあり、御井は但馬国美伊でやや内陸の美方郡香美町香住区三川に当たると思われます。ここには美伊縣主武額明命が祖神・天火明命を祀った美伊神社が鎮座しています。天火明命の西への移動はここまでとなります。

美伊神社に関しては以下の玄松子さん記事を参照ください。
http://www.genbu.net/data/tajima/mii3_title.htm


美方郡香美町香住区佐津の位置を示すグーグル地図画像。


美方郡香美町香住区三川の位置を示すグーグル地図画像。

次は南への移動です。天火明命は豊岡市小田井から南に進み、佐々前原(ささのくまはら、豊岡市日高町佐田)に至って、磐船宮に留まります。


豊岡市日高町佐田の位置を示すグーグル地図画像。

次回も但馬における天火明命の動きを「但馬故事記」から探っていきます。

         尾張氏の謎を解く その58に続く
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

酔石亭主

Author:酔石亭主
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる