尾張氏の謎を解く その59


天火明命が天熊人命を夜夫に遣わしたとき、彼は浅間(現在の養父市八鹿町浅間)の西奇霊宮(にしのくしひしのみや、西異霊宮)に坐していました。養父市八鹿町浅間字東房井戸前には浅間神社が鎮座しており、ここが西奇霊宮所在地となります。


所在地を示すグーグル画像。表示はありません。真ん中の茶色っぽくなった辺りです。

093_convert_20150619081820.jpg
道路に面した鳥居。

094_convert_20150619081940.jpg
境内へと向かう途中の趣ある白壁。

095_convert_20150619082051.jpg
二の鳥居。

096_convert_20150619082126.jpg
境内。

097_convert_20150619082245.jpg
拝殿。

098_convert_20150619082409.jpg
本殿。

西奇霊宮はかつての葛(くす、かつら)神社で旧鎮座地は浅間字堂ノ奥となり天火明命を祀っています。(注:祭神は諸説あり)一方東奇霊宮は天火明命の妃である天道姫を祀っています。いつかは不明ですが、近世に浅間神社と葛神社は合祀されたようです。

奇霊は一般的に(くしひ、くしび)などと読み、人知で計り知ることができぬ霊妙不思議なさまを意味しています。「丹後国風土記逸文」には天橋立に関して以下の記載がありました。

与謝の郡。郡役所の東北隅の方向に速石の里がある。この里の海に長くて大きな岬がある。 前の方の突出部を天の椅立(はしだて)と名づけ、後の方を久志の浜と名づける。そういうわけは、国をお生みになった大神の伊射奈芸命(いざなぎのみこと)が天に通おうとして梯子を造り立てたもうた。それ故に天の椅立といった。 ところが大神がお寝みになっている間に倒れ伏した。そこで久志備(くしび・神異)であられると不思議にお思いになった。それ故、久志備の浜といった。中ごろから久志というようになった。

上記から奇霊→久志備→久志へと変化している様子が見て取れます。記紀にも同じような記述がないか探してみます。「日本書紀」(岩波書店)の神代下第九段は天孫である瓊瓊杵尊が降臨する場面となりますが、槵日(くしひ)の二上の天浮橋より、浮渚在平処に立たして、云々との記述があります。その注釈には「クシヒは、奇シ霊(ヒ)の意。また、クジフルタケのクジに代わる言葉であろう。」と書かれていました。また猿田彦が「天神の子は、当に筑紫の日向の槵触峯(くじふるのたけ)に到りますべし」と言う場面もあります。

宮崎県西臼杵郡高千穂町には槵触神社(くしふるじんじゃ)が鎮座しており、その近くには天真名井(あめのまない)も存在します。天真名井は天孫降臨の際に、地上に水がなかったため天村雲命が天真名井の水種を移されたと伝わる井戸となります。

これらから抽出できるものがあります。そう、降臨伝説と槵触峯、天真名井はセットになっているのです。一方丹後には豊受大神や天火明命の降臨伝説、真名井が存在していました。となると丹波にも、槵触峯(くじふるのたけ)に相当し(くしび、くしひ、くし、くじ、くひ)と言った読みを持つ山が存在しているはずでが、それを検討するのはもっと後の回となりそうです。

話が少しそれたので、天火明命の動きに戻りましょう。西奇霊宮に坐す天火明命は、随伴した各メンバーを各地の県主に据え、伊佐御魂命を比地(朝来市和田山町比治)県主に任命しましました。ここまでを見ると、天火明命は円山川を遡って移動していることになります。ところで、比地・比治(ひじ)もまた(くじ)に関係しそうな語感があります。

天火明命は為すべき事業が終わったので、美伊、小田井、佐々前、屋岡(養父市八鹿町八鹿)、比地(朝来市和田山町比治)の各県を巡視します。


養父市八鹿町八鹿の位置を示すグーグル地図画像。


朝来市和田山町比治の位置を示すグーグル地図画像。

その後は河内に入り哮峯(いかるがのみね)に止まり、大和跡見(とみ)の白庭山に至る、と続き、丹波国(後の但馬国部分)以降は完全にニギハヤヒの事績として語られることになるのです。では、ここまでのルートを整理してみましょう。

西側ルート
但馬国黄沼前(きぬさき、豊岡市城崎町)―御田井(豊岡市小田井)―竹野(豊岡市竹野町)―狭津(美方郡香美町香住区佐津、美方郡香美町香住区三川)
南側ルート
小田井(豊岡市小田井)-佐々前(豊岡市日高町佐田)-屋岡(養父市八鹿町八鹿)-比地(朝来市和田山町比治)


これを以下の彦坐王のルートと対比してみます。

兵庫県豊岡市城崎町―兵庫県美方郡香美町香住区浦上―美方郡香美町香住区鎧―出雲―伯耆―鳥取市青谷―鳥取市賀露―美方郡新温泉町諸寄―美方郡香美町香住区浦上―与謝浦(丹後半島のどこか)―大和へ帰還―兵庫県朝来市山東町粟鹿

天火明命の西端となる美方郡香美町香住区佐津は彦坐王の軍勢が陸耳御笠を誅殺した美方郡香美町香住区鎧の手前になります。天火明命が最後に巡察した比地(朝来市和田山町比治)は彦坐王の(但馬における)最終地点粟鹿のすぐ近くです。従って、残欠と同様に「但馬故事記」においても、彦坐王の動きと天火明命の動きはほぼ重なっていると確認されました。

以上より、天火明命は彦坐王の遠征部隊が奉じた鏡であるとの酔石亭主見解に一定の根拠が出ることになります。天火明命が尾張氏の祖神となるのは、彦坐王の遠征部隊が鏡を美濃・尾張に持ち込んだからとする仮説も証明できそうな雰囲気ですが、即断はできないので今後も検討を進めます。

           尾張氏の謎を解く その60に続く
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

酔石亭主

Author:酔石亭主
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる