室生寺 その7


ようやく奥の院の平場に至りました。まずは常燈堂を正面から撮影します。

IMG_1229_convert_20160121081247.jpg
常燈堂です。新しい建物です。

奥の院は狭い敷地となっており、国重文の御影堂が優雅な姿て建っています。

IMG_1228_convert_20160121081340.jpg
御影堂。

室町時代前期の建立とされています。弘法大師を祀っているので、一般的には大師堂となります。知多四国の大師堂はどれも新しいものですが、こちらは非常に古い時代のものと言えるでしょう。板葺きで二段になった屋根は珍しく、宝形造りとなっており、屋上には宝珠が飾られています。御影堂の背後には石塔が見えています。

IMG_1230_convert_20160121081427.jpg
七重の石塔です。諸仏出現岩と称される岩の上に建っています。

IMG_1232_convert_20160121081519.jpg
常燈堂から見た光景。

奥の院も見終わり山を下ります。

IMG_1242_convert_20160121081626.jpg
無明橋と称される朱塗りの反り橋を再度撮影。

室生寺は以上です。でも、室生寺建立にはその前史がありました。奈良時代の末期山部親王(後の桓武天皇)が病気となり、平癒のためこの地で祈祷が修され、竜神のお力により親王は病から回復します。それが機縁となり、室生の地に寺院を建立することになったのです。室生寺建立の根っ子には天皇の病を平癒させた竜神の存在があり、竜神を祀る場所が近くにあるはずなので、見に行きましょう。但し、室生寺関係は一旦中断し、次回は久しぶりに水石をアップします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

酔石亭主

Author:酔石亭主
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる