松炬島散歩 その8


桜田八幡社から南に少し歩くと広大な公園が現れます。見晴らしがよく見晴台の名前があり、一帯からは約2万年前の旧石器時代の石器、縄文時代の土器片などが出土しています。弥生時代になると東西約120メートル、南北約200メートル、幅・深さ約4メートルの環濠集落が出現しました。ところが古墳時代の遺構はほとんどなく、弥生時代で見晴台遺跡の歴史は一旦幕を閉じた形となっています。


見晴台の位置を示すグーグル画像。

IMG_2239_convert_20160305145843.jpg
広い芝生の公園です。

IMG_2240_convert_20160305145937.jpg
高射砲台跡。

ここは名古屋の空の守りを担った場所のようで昭和17年(1942年)に高射砲陣地が構築され、八八式7.5cm野戦高射砲6門が設置されたとのことです。高射砲大隊本部もここに置かれたそうで、いかに重要な場所だったか理解されます。

IMG_2241_convert_20160305150000.jpg
見晴台遺跡の解説板。

IMG_2244_convert_20160305150126.jpg
住居跡観察舎。200軒以上の竪穴住居跡が検出されたとのことです。

IMG_2247_convert_20160305150151.jpg
遺跡の全体像を示す図。

次回は見晴台考古資料館に行ってみます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

酔石亭主

Author:酔石亭主
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる