近江探訪 その66


佐和口から城内へと入ります。佐和口多聞櫓は内部を見ることができるようなので、行ってみましょう。

DSCN1596_convert_20170112075916.jpg
佐和口多聞櫓を城内側から撮影。

DSCN1598_convert_20170112075959.jpg
佐和口多聞櫓の内部。

DSCN1597_convert_20170112080036.jpg
佐和口多聞櫓の枡形の上から撮影。

結構高度感があります。侵入者を見張るには適した構成となっていますね。

彦根城のハイライトは多分、玄宮園(げんきゅうえん)の池越しに眺める彦根城のはずです。なので、城に行く前にまず玄宮園へと向かいます。

DSCN1600_convert_20170112080149.jpg
玄宮園の池に架かる橋。

DSCN1601_convert_20170112080243.jpg
橋をズームします。

DSCN1602_convert_20170112080327.jpg
茅葺の建物が池とうまく調和して配置されています。

DSCN1606_convert_20170112080405.jpg
もう一枚。

玄宮園に関しては以下Wikipediaより引用します。

玄宮園の原形となる庭園が造営された時期や規模は明確ではないが、江戸時代初期の延宝6年(1678年)に彦根藩4代藩主井伊直興が整備したといわれる。江戸時代後期の文化10年(1813年)には第11代藩主井伊直中の隠居屋敷として再整備され、今日に近い形に整えられたといわれる。玄宮園は御殿部分の「楽々園」に対して名付けられたものであるが、この呼称がいつ頃から用いられるようになったかははっきりしない。
玄宮園の位置は城内の北東部で内濠と琵琶湖の入江(松原内湖)に挟まれた第二郭と呼ばれる曲輪内にあり、築城当初は重臣川手主水の屋敷が建てられていたが、主水が大坂夏の陣で死亡してからは空家となり、寛永元年(1624年)ごろに下屋敷が建設されたといわれる。入江側は1940年代に第二郭の間近まで干拓が進み現在は堀状の溝で囲まれる形となっているが、往時は庭園北側の水門から舟で琵琶湖まで出られるようになっていた。
園内は中国湖南省の洞庭湖にある玄宗皇帝(唐時代)の離宮庭園を参考に、「瀟湘八景」を「近江八景」に置き換えて作庭されたといわれる。天守を借景として、中心の入り組んだ池には4つの島と9つの橋が架かり、畔には臨池閣、鳳翔台、八景亭などの建物が配されている。

玄宮園の池から見た彦根城は次回でアップします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

酔石亭主

Author:酔石亭主
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる