尾張と遠賀川流域の謎を解く その10


今回は贄田物部の移住先を検討します。彼らの出身地は筑前鞍手郡新分郷で現在の鞍手郡鞍手町新北(くらてまちにぎた)一帯となります。ここはプレ物部氏の聖山・剣岳の西側山麓ですから、贄田物部の重要性がすんなり理解されます。


鞍手郡鞍手町新北の位置を示すグーグル地図画像。

谷川氏や奥野氏は、剱岳とその周辺一帯には幾つかの剣神社・八剣神社が鎮座し物部氏の信仰の中心となっていることから、剣岳は兵仗の一族とされる物部氏にとっての聖地である、と考えられておられるようです。けれども、酔石亭主はその見方に若干の疑問を感じるので、別途考えたいと思っています。

それはさて置き、剣岳一帯が遠賀川流域におけるプレ物部氏の中心地であるのは間違いありません。そうした中核部に拠点を置く贄田物部ですが、彼らがどこに移住したのか不明とは何とも奇妙な話です。必ずどこかにヒントがあるはずなので探っていきましょう。もちろんそのヒントは、贄田物部が尾張に移住したことを示すようなものであってほしいと願っています。

では、どこにヒントが転がっているのか?鞍手町新北の地図を拡大して見ると、剣岳山麓に熱田神社が鎮座しています。贄田物部の本拠地である新北に熱田神社が鎮座する。これが偶然とは思えず、贄田物部の移住先や尾張との関係性を暗示しているのかもしれません。


熱田神社の鎮座地を示すグーグル地図画像。神社の東側が剣岳となります。

他にヒントはないでしょうか?今まで色々な歴史の謎解きをする中で、地名や名前が突破口になるケースはしばしばありました。今回もその定石に従ってみましょう。まず贄田物部(にえたのもののべ)の贄田に注目してみます。谷川氏は「白鳥伝説」の中で、「『鞍手町誌』は新北物部が倭男人の配下として参戦したと述べている。新北物部は「贄田物部」のことである」と書いています。

以上から新北物部(にぎたもののべ)と贄田物部(にえたのもののべ)の新北と贄田は同じと理解されます。現在の地名が鞍手郡鞍手町新北(にぎた)ですから、遠い昔の名前が現在に至っても残っていることになります。さらに、贄田は鞍手郡新分(にぎた、にいきた)郷の新分とも同じで、贄田は(にぎた)であると考えられます。(にぎた)に関しては別の表記もあり、額田王の万葉歌には以下のものがあります。

熟田津に船乗りせと月待てば潮もかなひぬ今は漕ぎ出でな

ここで言う熟田津(にぎたつ)とは現在の道後温泉付近とされています。道後温泉は伊予国であり、鳥越憲三郎氏が「大いなる邪馬台国」と言う著作で、筑紫贄田物部は後になって伊予に移ったとしている内容に合致しています。鳥越氏が後になって伊予に移ったとするのはこの地名との関係からそう主張されたものと推測されますが、熟田津は難波への移動途中の停泊地に過ぎません。

すなわちニギハヤヒに率いられた贄田物部を含む一行が立ち寄った場所だったから熟田津の地名が成立したのです。ここからも贄田物部は居残りした訳ではなく、中核部隊の精鋭であると理解されますね。但し、ニギハヤヒに従って贄田物部の全員が移動したのではなく、残留部隊もいたのは「鞍手町誌」の記述から見て間違いないと思われます。よって、既に書いたように他の物部も同様に残留部隊がいたと推定されます。

さて、ここまでの検討から贄田、新分、新北、熟田のいずれもが(にぎた)であったと確認されました。一方剣岳の山麓には1185年に熱田神宮から勧請された熱田神社が鞍手町新北に鎮座しています。もちろん熱田神社は1185年よりずっと以前から長い歴史が伝えられています。

剣岳山麓の新北に熱田神社が鎮座している…。何か気になりませんか?新北に熱田神社が鎮座しているのは単なる偶然なのでしょうか?上記したように、新北も熟田も(にぎた)でした。熟田の漢字表記を眺めていると、ある可能性が脳裏に浮かんできます。熟田と熱田。並べてみると漢字はほとんど同じです。そう、熟田津は熱田津とも表記され、熱田までも(にぎた)になるのです。熱田(あつた)はもちろん尾張の熱田台地や、そこに鎮座する熱田神宮の熱田に他なりません。

熱田の地名由来に関しては「尾張國熱田太神宮縁記」に、宮簀媛命が神剣を祀る場所を関係者と相談し社地を定めたが、その場所に楓の木があり、自然発火して水田の中に倒れた。それでも火は消えず水田は熱かったので、熱田社と号した、とあります。これはで伝説的な縁起に過ぎず、そもそも古代の熱田台地に水田があったのかも疑問で、実際には(にぎた)の音に熱田の表記が充てられ、後に(あつた)の音に転じたものと思われます。

以上の検討により、不明とされていた贄田物部の移住先が確認されました。遠賀川を出発した彼らは、瀬戸内海を渡り、紀伊半島を回って伊勢湾に入り、熱田(熱田台地)の地に移住したのです。そして、彼らの居住地の名にちなむ(にぎた)の音に熱田の表記が充てられ、尾張における熱田(あつた)の地名が成立したと考えられます。嶋戸物部は熱田神宮北方の高座結御子神社鎮座地(高蔵遺跡)に移住していることから、結局両者は同じ熱田台地に入ったことになります。

ではなぜ贄田物部は嶋戸物部に同行したのか?理由はある程度推測可能です。ニギハヤヒは敢えてわが子である高倉下を東国の蝦夷と対峙する地域、尾張に向かわせました。(注:尾張は弥生時代前期から縄文文化と弥生文化の境界に当たり、様々なせめぎあいがあった場所です)けれどもわが子の無事を願うのは親の常。そのためプレ物部軍団最強で自分の配下でもある贄田物部を高倉下に付けたのでしょう。

最後の謎はニギハヤヒの出身母体です。贄田物部(にえたもののべ)の贄田は(にぎた)でもありました。ニギハヤヒの名前の中にも(ニギ)が入っています。従って、酔石亭主の独自解釈では、ニギハヤヒの出身母体は贄田物部とならざるを得ません。贄田物部が最強軍団であるのはニギハヤヒに直接率いられているからと考えれば、それも当然のこととなります。

ここまでの検討で注目すべきは、人や様々な物品、各種情報のいずれもが、遠賀川流域から尾張へと流れている点です。この流れは時代が下っても続いていくのか、あるいは逆転するのか実に興味深いですね。

話は変わります。瓊瓊杵尊(ににぎのみこと、以下二ニギと表記)は天照大神の孫神であり、「古事記」によれば天火明命の弟に当たります。「先代旧事本紀」では天火明命はニギハヤヒと同一神となります。二ニギとニギハヤヒ。いずれの名前にも(ニギ)が入っており、ここからも、ニギハヤヒの弟が二ニギになると考えられます。だとすれば、二ニギとニギハヤヒは同じ場所にいなければならないことになるはずです。調べてみると剣岳の南に位置する六ヶ岳には以下の伝承がありました。

この山は六っつの峰からなり六ヶ岳と呼ばれた。主峰旭岳と、天冠、羽衣、高祖、崎戸、出穂の峰がある。伝説ではニニギノ尊の御陵であり、亡骸を旭岳に、冠は天冠に、衣は羽衣に埋葬された。

その六ヶ岳を望む地には天照神社が鎮座しニギハヤヒが祀られていますが、かつては宮田町の南の笠置山に鎮座していました。


六ヶ岳と笠置山の位置を示すグーグル地図画像。

剣岳はプレ物部氏の聖山。その南にある六ヶ岳にニニギの御陵がある。六ヶ岳の南のやや西寄りにはニギハヤヒを祀っていた笠置山がある。ちょっと驚かされますが、ニニギの御陵はプレ物部氏の山に挟まれ、守られているかのような場所に位置していたのです。この事実から、二ニギとニギハヤヒの関係がほのかに浮かび上がってきませんか?天孫であるはずの二ニギが、実は贄田物部の一員だったなんてこともあり得るのかもしれません。これはあくまで想像上の話ですが…。

話はまた変わります。二ニギ、彦火火出見尊(ひこほほでみ)、鵜萱草葺不合命(うがやふきあえず)の三代は日向三代(ひむかさんだい)と称され九州の人物です。鵜萱草葺不合命の子である神武天皇も九州から大和へと東征しています。邪馬台国の所在地に関して九州説と畿内(大和)説があり、最近では畿内説が纏向遺跡にある大型建物跡の存在や、箸墓古墳の築造推定年代などから優勢となっているようです。そして畿内説論者も卑弥呼は天照大神としています。

天照大神は二ニギの祖母となりますが、二ニギ以降の子孫が皆九州の人物なのに、天照大神(=卑弥呼)のみ大和の人物(神)と言うのは筋が通りません。「邪馬台国と大和王権の謎を解く」シリーズで書いたように、卑弥呼は北九州にあった女王国の女王で、その宗女・台与が卑弥呼を象徴する呪具(=鏡=天照大神)を奉じて大和に東遷し、邪馬台国(大和国)の女王になったと考えれば筋が通る話となってきます。

(注:「魏志倭人伝」のどこを読んでも邪馬台国の女王が卑弥呼だとは書かれていません。女王国の女王が卑弥呼であり、邪馬台国は女王が都とする所と書かれているだけです。女王国までの距離は里程で書かれており、明らかに北九州に位置しますが、邪馬台国は日数で書かれ距離感も全く異なります。なぜ多くの専門家がこの違いを認識されていないのか不思議でならないのですが…)

        尾張と遠賀川流域の謎を解く その11に続く
    
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

酔石亭主

Author:酔石亭主
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる