FC2ブログ

尾張と遠賀川流域の謎を解く その57


今回は直方市大字頓野1541-2に鎮座する近津神社を見ていきます。宿泊したホテルに近く、日本武尊の伝承も残されているため訪問したものです。


鎮座地を示すグーグル地図画像。

DSCN1052_convert_20171001075900.jpg
遠賀川に架かる日ノ出橋からの光景。

DSCN1054_convert_20171001080030.jpg
向かい側から道路越しに撮影。

道路沿いにもかかわらず、ここだけが別世界で、かなりの神域感がある神社でした。向かいのコンビニに駐車させましたが、千円以上の買い物をしているのでお叱りを受けることはなさそうです。

DSCN1056_convert_20171001080143.jpg
朱塗りの橋の前から撮影。

DSCN1057_convert_20171001080257.jpg
鳥居と境内。

DSCN1060_convert_20171001080349.jpg
拝殿です。

DSCN1062_convert_20171001080440.jpg
本殿。

DSCN1059_convert_20171001080529.jpg
ちゃんとした解説石板もありました。内容は以下。

祭神 伊弉諾大神、伊弉册大神、軻遇槌(かぐつち)大神

景行天皇平定より八年後(西暦七十九年)熊襲征討のため入国した日本武尊(ヤマトタケルノミコト)は、土豪大兄彦が献じた御神器の弓矢をこの地に鎮祭した。玉体を近くに守り給うとの意をもって近津大神と稱し、又戦に千度勝つようにとの願いをこめて千勝社とも呼ぶ。主祭神の伊奘諾命・伊奘冊命は健康長寿の神として、又軻遇槌大神は火の神として昔より多くの人たちの信仰を集めている。境内には直方藩主黒田長清の歌碑や当地名発祥の源となった十堂像も祀られている。社殿は慶長元年(一五九六)雷火のため焼失、寛文13年(一六七三)に再建され、その後大正十四年現在の神殿・拝殿を新築した。

既に書いたように日本武尊(実態は北九州の武人)は5世紀の人物で、西暦79年はあり得ません。けれども、遠賀川流域には数多くの伝承が残され、古くから地元民の崇敬を得ています。

             尾張と遠賀川流域の謎を解く その58に続く
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

酔石亭主

Author:酔石亭主
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる