尾張と遠賀川流域の謎を解く その62


宮地嶽神社は広大で開けているので神域感はあまりありませんが、社殿背後に広がる空間も公園のような明るさでした。位置関係は「その60」の境内案内図を参照ください。

DSCN1212_convert_20171008074208.jpg
これはもう完全に公園です。

DSCN1213_convert_20171008074317.jpg
もう一枚。

DSCN1210_convert_20171008074029.jpg
寂れた風情の民家。合掌造りの家もありましたが、崩壊していました。

DSCN1211_convert_20171008074110.jpg
解説板。

DSCN1222_convert_20171008074403.jpg
宮地嶽古墳。不動神社となっています。

DSCN1219_convert_20171008074456.jpg
内部の様子。

DSCN1220_convert_20171008074541.jpg
ズームします。

DSCN1221_convert_20171008074626.jpg
さらにズーム。かなり奥が深いようです。

DSCN1223_convert_20171008074657.jpg
解説板。

画像サイズを大きくしています。あれこれ書かれていますが、後半部分に至ると九州王朝とか磐井とかが出てきてよく理解できません。Wikipediaには以下のように書かれていました。

本古墳は、6世紀の築造と推定され、宮地嶽神社境内にある。墳丘形状は大型の円墳で、直径は34メートル、横穴式石室の長さが約22メートルもある。今日内部をみることの出来るもののうち最大規模で、文字通りの巨石墳である。この種の埋葬施設で最大のものは奈良県橿原市にある巨大古墳見瀬丸山古墳で、約28メートルである。巨石墳として有名な奈良県明日香村の石舞台古墳でさえ約20メートルである。古墳石室に使用された玄武岩は玄界灘の相島から船によって運ばれたと推定されている。
この古墳の入口には、ガラス製の骨壺を収めた青銅製の骨蔵器も追納されており、被葬者は、宗像一族の首長墓である。ところで、『日本書紀』天武天皇二年(673)正月条で帝紀を記している中に「次に胸形君徳善が女尼子娘を納して、高市皇子命を生しませり」とあって、この古墳に埋葬されているのは徳善であるとの説が有力である。宮地嶽神社側の説明としては、諸説あるが磐井氏の関係者との説もある。


これならわかりやすいですね。続いて幾つかの境内社を見ていきます。

DSCN1216_convert_20171008074748.jpg
薬師神社とのことです。薬師如来を祀っているのでしょうか?

DSCN1217_convert_20171008074844.jpg
三宝荒神。

DSCN1218_convert_20171008074939.jpg
淡島神社と濡髪大明神。

DSCN1224_convert_20171008075029.jpg
稲荷神社です。

宮地嶽神社は以上です。長く続いた「尾張と遠賀川流域の謎を解く」シリーズも今回で終了です。もっとも、終盤の十数回は神社の紹介だけですが…。

パソコンの不調を抱えながら何とか本シリーズを終えることができました。けれども、パソコンがいつ完全に壊れるともしれず、新しい写真の取り込みもできないし、歴史の謎も尽きつつあることから、本ブログは当分の間休止とします。いずれ機会を見てのんびり再開しようとは思っています。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

酔石亭主

Author:酔石亭主
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる