FC2ブログ

危険な隣人と付き合うには

日々の雑感
09 /26 2010

また中国問題を取り上げます。

船長の拘留に対し中国が謝罪と賠償を要求しているとのこと。一旦弱みを見せればどこまでもつけ込んでくるのが中国の交渉術であることなど、外務官僚なら熟知しているはずですが、彼らは一体何をしていたのでしょう?

民主党は対外交渉が不慣れなので、組織的、戦略的な対処は何もできません。政治主導のメッキも完全にはがれています。今の内閣では中国側の攻勢に反撃できないのは火を見るよりも明らかな以上、野党自民党は民主党を批判するのを後に回し、国家的見地に立って連立を組み外交、防衛政策を担う協議を一刻も早く始めるべきです。与党と野党が国会で揉めていたらますます足元を見られ、中国の術中にはまるだけで、百害あって一利なしの結果となるでしょう。

中国の狡猾さと危なさは沖縄県民もはっきり悟ったでしょうから、この機会に与野党挙げて説得に努め、辺野古沖への移設を確定させるべきです。日本が窮地に立たされた下地をせっせと作った某前首相には即刻責任を取って議員辞職してもらい、(本当なら議員辞職程度で済む問題ではありませんが)新たな体制を組んで挙国一致にて対処すべきです。

北朝鮮のような資源もない小国が、世界をきりきり舞いさせる外交を展開しているのです。かの国を称賛するのでは決してありませんが、衰えたと言っても日本ほどの国であるなら、先手先手の外交術を駆使する気迫と老獪さを持ってほしいものです。

例えば粛々とだとか、冷静にだとか、ただ言っているだけではなく、具体的に衝突時のビデオ、日本が尖閣の領有権を持つことを示す資料、中国が尖閣を日本の領土としている資料などの全てを世界のマスコミに向けて同時に発信し、中国の主張と行動がいかに理不尽なものであるかを世界に知らしめる必要があります。また同時に中国国内においてもその資料をネットで発信し事実を中国国民に示す必要があるでしょう。

そうした行動を取る前に、国内の選挙や代表選で消耗し、手一杯になり、外交がおろそかになったのでは何をしているのかわかりません。国会議員は地方のために走り回るのではなく、国益を最優先に働く存在のはず。それが戦略や戦術を練ることもなく、国会がなければ地元に帰ってひたすら選挙民に自分を売り込んでいるだけでは、何もしていないのに等しく、給料を返納せよと言いたくもなります。

国会議員は日本における最も高度な専門職のはずです。不思議でならないのは、その国会議員になるのに、人物の能力や知力、専門知識、体力など国会議員として働くに必要不可欠な技能が備わっているかどうかのチェックが何一つ行われていないことです。

植木職人や各種伝統工芸の分野においては、少なくとも10年程度の下積みを経ないと一人前とは認められないはず。そういった経験を積む期間を経ることなしに芸能人やスポーツ選手が、単に人気があると言うだけで議員になってしまうのは非常におかしなことです。

彼らは国のトップの座につくのですから、上記の点は厳しい事前審査がなされてしかるべきでしょう。少なくとも国家の運営に関する全ての分野の基本的知識を有し、最低一つか二つの専門分野において最高度の知見を持った人材以外、国会議員になってもらっては困るのです。

地方のことはお金も含めて地方に任せ、国会議員はどうあるべきか、また何をすべきかを、この機会に真摯に考えて頂きたいものです。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

酔石亭主

FC2ブログへようこそ!