FC2ブログ

邪馬台国はどこにある その1


名古屋散策は一旦中断して、今回から少し邪馬台国問題を取り上げたいと思います。この暑さの中で書く訳ですから、支離滅裂な部分もあるかもしれませんが、その際は何卒ご容赦ください。では、早速始めましょう。

過去の邪馬台国論争は主に邪馬台国北九州説、畿内説の間で争われてきました。この論争に決着が付かないのは、両者とも間違った前提において争っているからだと思われます。両陣営ともに邪馬台国は卑弥呼のいた場所で、女王国と邪馬台国は同じ(或いは同じ領域内。九州王朝説で有名な古田武彦氏は「ここに古代王朝ありき」で女王国の首都を邪馬台国としている)との前提において議論がなされています。

けれども邪馬台国は卑弥呼のいた場所で、女王国と邪馬台国は同じとする前提は本当に正しいのでしょうか?まずはそこから疑ってかからなければなりません。と言うことで、邪馬台国と女王国の名前が「魏志倭人伝」に何回、どんな内容で出てくるのかを見ていきます。邪馬台国の名前は「魏志倭人伝」に一回しか出てきません。それに対して卑弥呼がいたと推定される女王国は複数回登場しています。具体的に書き出してみましょう。

『邪馬台国』
南、邪馬壹国に至る、女王の都する所 水行十日、陸行一月。七万余戸ばかり。

『女王国』
(伊都国は)世に王有るも、皆女王国に統属す。
女王国より以北、その戸数、道里は略載を得べきも
次に奴国あり、これ女王(国)の境界の尽くる所なり。
その(女王国の)南、狗奴国有り、…中略…女王に属せず。
郡より女王国に至る、万二千余里。
女王国より以北には、特に一大率を置き、諸国を検察せしむ。
その国(女王国)、本男子を以って王と為し
常に人あり、兵を持して、女王国を守衛す。
東、海を渡る、千余里。また国有り。(前の文の流れから女王国の東と読める)

いかがでしょう?両国の位置付けがまるで異なっているとは思えませんか?女王国は帯方郡からの距離が里数で表示され、国の位置、方位、国のありようなどに関する具体的な情報が詰まっています。これに対し、邪馬台国は女王が都する所とあるものの、距離の表示が里数ではなく日数になっており、その日数自体や方位にも不自然さが目立ちます。

そこで、距離に関する里数表示と日数表示の違いの意味を考えてみます。「随書」には、夷人(倭人)は里数を知らず、ただ日数で計るのみ、と書かれていました。となると、里数表示は帯方郡の使節が実際に行った場所までの距離を示し、日数表示は使節が直接行っていない場所までの距離を示したものになります、

従って邪馬台国までの距離は、北九州の倭人(或いは魏や韓半島の商人など)から聞いた話が伝わったものに過ぎないことになり、不正確さがある点は否めません。一方女王国は、その詳細な内容や里数表示から使節が行った場所と考えられます。以上の諸点から、邪馬台国と女王国は別の国と理解するしかなくなります。これで邪馬台国論争における邪馬台国と女王国が同じ国であるとの前提は崩れました。

また、古田氏の意見のように邪馬台国が女王国内にあるとしたら、女王国の中に7万戸も擁する首都があることになり、後で詳しく見ていきますが、全体の整合性に欠ける見解となってしまいます。

邪馬台国問題の混乱は、卑弥呼がいた女王国と邪馬台国が同じ国であるという誤解に起因していました。両国は別の国であるとの前提で考えれば、多少の矛盾や不明点が残るにしても、大枠では解決できたも同様で、邪馬台国北九州説、畿内説の不毛な論争はなくなるでしょう。

この点に関しては、既に「大和王権と邪馬台国の謎を解く」シリーズにて書いており、不十分ながら一定の結論に達しています。それはそれとして、邪馬台国問題は日本古代史最大の謎である以上、何度考えても面白いので、さらに検討を加えてみようと思い立った次第です。

北九州説の重鎮としては九州王朝説を唱える古田武彦氏がおられ、同氏の舌鋒鋭い論考が多く掲載されている「邪馬壹国の歴史学」(古田史学の会編 ミネルヴァ書房)や「ここに古代王朝ありき」なども参考にしたいと思います。同氏は他にも、「邪馬台国はなかった」、「失われた九州王朝」など、数多くの著作を上梓され、その膨大な知識と論理構築には常に圧倒させられ、敬意を表せざるを得ません。

ただ、膨大な知識が必ずしも正解を導き出すとは限らないので、今回は同氏の見解を一部抜粋しながら論考を進めていきたいと思います。「邪馬壹国の歴史学」の最初の論文は古田氏が書いており、表題は『「邪馬壹国」はどこか ―博多湾岸にある―』です。驚いたことに、表題が既に結論となっていました。読み始めてもっと驚いたのは、その2ページ目で「倭は、女王・卑弥呼がいたところは、博多湾岸である」と断定された点です。

この結論に関する考察は後で書きますが、要するに同氏は、卑弥呼がいた場所を博多湾岸の邪馬台国としておられる訳です。古田氏は独自の視点から邪馬壹国と表記していますが、本論考では一般的な邪馬台国で統一しますのでお含みください。

酔石亭主は歴史史料や論考に矛盾や疑問がある場合、それがない或いは少ない形に再構成することで真相に迫れると考えており、今までもその手法を採り続けています。今回もそうした手法にて、邪馬台国が博多湾岸にあるとする古田氏の論考に問題点や矛盾がないか探っていきます。


博多湾の位置を示すグーグル地図画像。

古田氏の主張(詳細は省きます)では、この博多湾沿いに邪馬台国があるとなります。また古田氏の幾つかの論文を読む限りでは、同氏は卑弥呼に関係する倭、女王国、邪馬台国を同一のもの(倭=女王国=邪馬台国、或いは邪馬台国が女王国に含まれる)と考えておられるようです。この前提において邪馬台国の位置に矛盾がないか「魏志倭人伝」の記述から見ていきましょう。(注:古田氏の邪馬台国=女王国と言う見解に沿って見ていきますので、以下に女王国と書かれている部分は頭の中で邪馬台国と読み替えてください)

「魏志倭人伝」には「女王国より以北、その戸数、道里は略載を得べきも」とあります。女王国が博多湾岸だとすれば、その北側は海であり、対海国(対馬)と一大国(壱岐)があるのみで大きな矛盾が生じます。「魏志倭人伝」にはまた、「女王国より以北には、特に一大率を置き、検察せしむ」ともあります。

以上から戸数や道里(里数)の書かれた末盧国、伊都国、奴国、不弥国が女王国の北(注:北西や北東なども含み得る大雑把な北側)にあるとするのが常識的な見方になり、従って卑弥呼のいる女王国は博多湾岸ではないと考えるべきです。(注:各国の詳細は後の回で書きます)たったこれだけの検討で古田氏の論は成立し得ないことになってしまいました。

(注:古田氏のこの論文は2007年のものですが、同書の2012年論文では女王国の「宮室」は博多湾岸の春日市になるとさりげなく位置・論をずらしています。古田氏は春日市の須玖岡本遺跡(すぐおかもといせき)から銅剣、銅矛、銅鏡、ガラス玉などが多数出土している点を考慮して変えてしまったのでしょう。けれども、須玖岡本遺跡は8㎞程度内陸となっているので博多湾岸とは言えず、春日市は古田氏見解とは異なり同遺跡一帯を奴国に比定しています)

ここまでの検討は、古田氏の主張される邪馬台国の位置が博多湾岸から多少内陸にずれただけの話で、事実上同氏自身が後になってずらしています。ただ、邪馬台国北九州説は北九州のどこかに邪馬台国があるとする説なので、博多湾岸か多少内陸かはさほど大きな問題になりません。問題の本質は邪馬台国が北九州にはない点であり、それを論証するため、さらに「魏志倭人伝」の検討を続けます。

(注:本シリーズの記事タイトルは「邪馬台国はどこにある」ですが、記事カテゴリは既に書いた「大和王権と邪馬台国の謎を解く」に含めます。また「大和王権と邪馬台国の謎を解く」において、邪馬台国は北九州ではなく大和にあり、卑弥呼の女王国が北九州、投馬国は吉備であると書いています。今回の論考でもこれらに変更がない点、あらかじめお含み置きください)

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

酔石亭主

Author:酔石亭主
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる