FC2ブログ

邪馬台国はどこにある その2


今回は「魏志倭人伝」に書かれた各国の戸数を通して邪馬台国の位置を探ってみます。弥生時代における日本の総人口は歴史人口学者の推計によると約60万人になるそうです。こんなに少ないのかと驚かされますが、ここでは60万人から百万人としておきましょう。(注:以降の人口に関する話は全て推計人口になるので、いちいち推計と書き入れません)

60万人から百万人ある日本の総人口に対して、邪馬台国が博多湾岸(或いは多少内陸)にあるとの古田氏の論に従った場合、北九州にどれほどの人口があったのか、また日本の総人口に対して北九州の人口が整合しているのかを見ていきます。仮に整合していない場合、邪馬台国は北九州にあるとする見解が成り立たないのは自明の理です。

検討の前提として一戸当たり3人とします。一戸当たり3人は最低人数で、数世代後には消滅する可能性も大ですが、戸数が水増しされている可能性も考慮して3人としたものです。「漢書」の地理志では凸凹があるものの、一戸当たり4人強となっていました。ただ、それを倭国に当て嵌めていいか不明ですし、4人強だと北九州の総人口が多くなり過ぎる問題も出てくるので、一戸当たり3人としたものです。では、「魏志倭人伝」に書かれた戸数と人数を具体的に見ていきましょう。

対海国(千戸、3千人)、一大国(3千家、9千人)、末廬国(4千戸、1万2千人)、伊都国(千戸、3千人)、奴国(2万戸、6万人)、不弥国(千家、3千人)、投馬国(5万戸、15万人)、邪馬台国(7万戸、21万人)。(注:「魏志倭人伝」では狗邪韓国も倭国に含まれるような記載になっていますが、戸数は書かれておらず韓半島なので省きます)

上記の合計だけで、何と15万戸、45万人もの人口になってしまいました。(注:一戸当たり4人で計算した場合、日本の総人口と同じ60万人になってしまう)他の戸数が記載されていない22国を1国平均3千人で合計すると6万6千人で、これを加えれば二つの島と北九州の人口は51.6万人となり、日本の総人口60万人の実に86%に相当することになってしまいます。日本の総人口を百万人に見積もっても50%以上ですから有り得ない話です。

以上、邪馬台国と投馬国が北九州にある仮定とした場合、日本の総人口に対して全くの不整合となってしまいました。従って、邪馬台国と投馬国は北九州に存在しないとの結論になります。邪馬台国北九州説の問題は他にもあります。

邪馬台国の人口が21万人だったとすれば、人口に対する必要面積は到底博多湾岸の範囲には収まりません。古田氏が「邪馬壹国の歴史学」に書いた論文の次は、「『倭人伝』の里程記事は正しかった」とのタイトルで、別の方が書いています。その最後の注には『「七万戸」の邪馬台国は中心が博多湾岸であっても、その領域は福岡全域と大分・熊本北部を含めさらに広大な面積を占める大国となろう。』と記述されていました。古田氏の邪馬台国が博多湾岸にあるとする主張を壊さない形で人口問題を整合させるため、苦心惨憺されている様子がありありと目に浮かびます。

苦心惨憺されても直ちに大きな矛盾に直面します。具体的には、邪馬台国の領域を福岡全域、大分・熊本北部とした場合、個別に戸数が書かれている末盧国、伊都国、奴国、不弥国が邪馬台国7万戸の内数となってしまう点です。(注:対海国と一大国、狗奴国を除く。投馬国は古田氏の見解では鹿児島なので除く)上記の4国はいずれも方位や道里(里数)まで書かれており、邪馬台国とは明らかに別の国々で内数になるはずがありません。

これが女王国の場合だと、例えば伊都国は「世に王あるも、皆女王国に統属す」とあり、また「次に奴国(海岸線に近い奴国とは別の国)あり、これ女王の境界の尽くる所なり」と書かれていることから、4国は女王国の領域内と考えても矛盾はなさそうです。ただ卑弥呼は共立された女王ですから、彼女を共立した全ての国々が形式的に女王国を支配者とする形を取っているだけで、女王国がその軍事力・経済力により諸国を実質支配しているとは思えません。

女王国の戸数が記載されていないのも、この国が実力で強大になったのではなく、卑弥呼が共立され形式的・象徴的に他国に君臨している事実を示しているからだと思われます。また女王国に生産力や動員力を意味する戸数が記載されていないのは、国とは書かれているもののその実態が宮殿とそれに付属する施設、奴婢や警護の兵がいるだけだからだとも言えそうです。纏めれば、卑弥呼の女王国は宮中を意味し生産力を持たず、且つ北九州のほぼ全域を形式的に統括する立場にあったため、戸数の概念が適用されなかったことになります。

既に書いたように、「魏志倭人伝」に出てくる国々の推計総人口は51.6万人となります。投馬国を鹿児島としてもそれ以外の地域(佐賀、大分南部、熊本南部、長崎、宮崎など)を加えれば全九州で日本の総人口60万人を越えそうな数字となってしまい、邪馬台国や投馬国が九州にあるとの論は成り立ちそうにありません。やはり邪馬台国=女王国とするのは不可能なようです。

また古田氏の見解のように、邪馬台国が女王国の首都だとしたら、やたら首都が大きく、それよりも大きな女王国があることになって、全体像が描きにくくなります。邪馬台国が北九州にあるとすれば、他にも矛盾が出てきます。「魏志倭人伝」によれば、倭は旧百余国で小国同士が歴年相争っていたはずです。仮に他を圧する巨大な邪馬台国が北九州の盟主として君臨していれば、そうした争いは起こり得ません。邪馬台国が北九州にあったとの説は「魏志倭人伝」の記述とも不整合になるのです。

いや、邪馬台国は卑弥呼が女王になってできた国だとの反論があるかもしれません。けれども、卑弥呼は何年も争いが続いた末に共立された女王であり、自力で7万戸を勝ち取った訳ではないのです。仮に彼女が7万戸を有していた国の女王になったのだとしたら、卑弥呼以前に7万戸を有する巨大国家・邪馬台国があったことになり、争いは起きないでしょう。以上のように、どのような観点から見ても邪馬台国は北九州にはなかったとするしかなさそうです。

邪馬台国北九州説論者は、邪馬台国(と投馬国)を無理やり九州に嵌め込もうとするからとんでもない矛盾に直面することとなりました。この矛盾がないよう邪馬台国と投馬国を北九州から外して再構成すれば、北九州にあったのは末廬国(4千戸、1万2千人)、伊都国(千戸、3千人)、奴国(2万戸、6万人)、不弥国(千家、3千人)、女王国(戸数と里数の記載なし)及び戸数の記載がない22国となり、人口は14万4千人で日本の総人口にほぼ整合する比率となってきます。(注:狗邪韓国や二つの島は別枠と考えて上記に含めていません)

ここまでの検討だけで、邪馬台国と投馬国は北九州に存在しなかったと断定できそうです。但し酔石亭主の視点では、邪馬台国と投馬国は北九州に存在していないが、卑弥呼の女王国は北九州にあったことになります。それは「魏志倭人伝」に帯方郡から女王国まで万二千余里(一里は短里で77mとして合計924km)とあることからも明確です。

以上、戸数と人数の検討から邪馬台国と投馬国は北九州になかったと確認できました。もちろんこれだけでは不十分なので、さらに様々な視点から見ていく必要があり、それらは次回以降で検討します。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

日本の総人口はなにから導きだした数字なのか分からないので何とも言えない。
魏志倭人伝から導き出した数字を日本の総人口としたのかもしれないし

Re: No title

dedsさん

コメント有難うございます。
魏志倭人伝から導き出したものではもちろんありません。
複数の研究者が50万人、60万人、70万人との説を提示しており、主に遺跡の数や内容などから試算したもののようです。
ただ、遺跡は今後も発掘されるでしょうし、発掘されない遺跡もあるでしょうから、60万人から百万人としたものです。
プロフィール

酔石亭主

Author:酔石亭主
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる