FC2ブログ

邪馬台国はどこにある その5


前回で二つの問題を提起しました。一つは、距離で見ると3国から女王国までは100㎞も離れており、位置を示す記事から判断すれば、女王国より北側の3国は女王国に近接していることになって、「魏志倭人伝」に書かれた内容自体が大きな矛盾を孕んでいる点です。もう一つは、投馬国と邪馬台国の記事は卑弥呼より遅い時代のものが、「魏志倭人伝」の間違った場所に後から挿入されたと考えられる部分です。

今回は投馬国と邪馬台国が北九州に存在しないならどこにあったのかを検討する中で、3国と女王国の間の距離問題に迫っていきたいと思っています。(注:投馬国と邪馬台国が後の時代に挿入された問題の検討は主に次回とします)

邪馬台国の位置問題は「大和王権と邪馬台国の謎を解く」で既に答え出していますが、今回の論証はまた違った視点で書きますので、お付き合いください。両国の位置に関して誰もが悩むのは、「魏志倭人伝」に記載された以下の部分でしょう。

南、投馬国に至る。水行二十日。五万余戸ばかり。南、邪馬壱国に至る。女王の都とする所。水行十日、陸行一月。七万余戸ばかり。

この方位は間違っているはずですが、ではどう考えたらいいのか?前回でも触れたように、一番簡単な方法は帯方郡及び北九州から東西南北のそれぞれに行った場合を検討し、可能性の低いものから消していくことです。まずは北から見ていきましょう。帯方郡から北、北九州から北は全くあり得ないと理解されます。次に西です。帯方郡から西は海を隔てて中国になってしまい有り得ません。北九州から西も同様に海を隔てて行き着く先は中国です。

南はどうでしょう?出発点を北九州とした場合、南は陸行以外になく、投馬国、水行20日は有り得ません。出発点を帯方郡とした場合、船で帯方郡から韓半島に沿って南へ下ると半島の南端まで約400㎞。一日20㎞として20日間となり、投馬国が韓半島南端部となってしまいます。邪馬台国がそこから南だと済州島に約100㎞で至り5日間ですが、残る5日で日本に行き着くのは難しそうです。

船足が速い船だったとして、帯方郡から20日で日本のどこかにある投馬国に着いたと仮定してみます。投馬国を例えば五島列島や平戸、長崎だとして、そこから南へ水行10日だと邪馬台国は鹿児島辺りが適当かもしれません。一方古田氏の「ここに古代王朝ありき」(ミネルヴァ書房)を読んでみたところ、投馬国を指宿としておられました。また同氏は不弥国を邪馬台国の玄関としており、両国は隣接していることになります。その場合、指宿にある投馬国に行った後、元に戻る形で北上して邪馬台国に行かなければなりません。これはどう考えても不合理ですね。

古田氏は水行10日、陸行1月を帯方郡から邪馬台国までの総日程とし、韓半島を陸行することで辻褄を合わそうとされたようです。では投馬国はどうなるのか?同氏の説に基づき投馬国と邪馬台国への行程をそれぞれ書けば、「南、投馬国に至る。水行二十日。」は帯方郡から鹿児島への直行。「南、邪馬壱国に至る。水行十日、陸行一月。」は帯方郡から京畿湾を水行し続いて韓半島を陸路で釜山辺りに出て、以降は船で北九州まで行ったことになります。

いかがでしょう?「魏志倭人伝」の記述に無理やり合わせようとした結果、投馬国と邪馬台国の行程が全く別個のものとなってしまいました。このような行程は到底有り得ない話です。(注:古田氏の著作を全て読んだ訳でも、講演を聞いた訳でもないので、同氏の見解に変遷があるかもしれませんが、読んだ限りのもので検討していきます)

最後が東です。北九州で東に向けて海が開けているのは、福岡県東部と大分県北部となります。そこで出発地を大分県の宇佐市辺りと想定し、東へ船で20日を吉備(岡山)とすれば、約300kmの距離を15日間の航海となり、途中の休息・食糧調達なども含め20日は妥当な数字となります。と言うことで、女王国は伊都国、奴国、不弥国の3国に近接している点を一旦横に置き、宇佐にあったと仮設定しておきます。

吉備から難波に入り大和川を遡って纏向付近までが約200㎞。10日間の航海となります。ここまでに大きな矛盾はありません。問題の陸行1月ですが、大和の纏向近くで下船してその日のうちに中心部に到達しますので、一か月を一日の誤りと見るしかなさそうです。既に書いたように、投馬国と邪馬台国は距離が日数表示されており、使節が直接行ってはいない点改めてお含み置きください。

宇佐が女王国だったと仮定すれば、3国と女王国の距離が100㎞程度にもなる問題が解消します。ここで距離問題を再度簡略に書きます。「魏志倭人伝」には帯方郡から女王国までの総距離が一万二千里、帯方郡から不弥国までの距離が一万七百里と書かれていました。従って、一万二千里から一万七百里を差し引いた千三百里=約100㎞が3国と女王国の間の距離になります。

さて、3国と女王国の距離問題は女王国の所在地を宇佐とすることで解消されますが、逆に、女王国の以北にある3国は「魏志倭人伝」の記述によると女王国に近接しているので、全く矛盾する話となってしまいます。この矛盾をどう解消すればいいのでしょう?その検討の前に、女王国が他の3国の近くにあったと考えられる部分の詳細を見ていきます。

例えば伊都国に関して、「伊都国に到る。千余戸有り。世、王有り。皆、女王国に統属す。郡使往来し常に駐する所。」とあります。既に書いたように、伊都国は女王国に統属しており、郡の使節が往来し常駐する場所なので、そこから女王国まで100㎞もあるとは考えられません。また、女王国内に使節の宿泊設備がないことから、女王国はやはり宮中と付属施設があるだけの狭い場所となり、邪馬台国=女王国と言った論が成り立たないのは明らかです。

女王国より以北、その戸数、道里は略載を得べきも、」の文面からも、里数が記載された3国と女王国の間に戸数や道里が不明な国々が存在し得ないことから、3国は女王国に近接していると確認できます。

さらに「女王国より以北には、特に一大率を置き、検察せしむ。諸国これを畏憚す。常に伊都国に治す。国中において、刺史の如き有り。王の使いを遣わして京都・帯方郡・諸韓国に詣らしめ、郡の倭国に使するに及ぶや、皆津に臨みて捜露す。伝送の文書・賜遣の物、女王に詣るに、差錯するを得ざらしむ」ともあります。意味は大略以下の通りですが、間違いがあった際はご容赦ください。

女王国の以北にある伊都国には、一大率(警察・行政長官)を常駐させ諸国の治安維持に当たっているので、諸国はこの一大率を畏怖している。彼らの態度は中国の地方長官である刺史(しし)のようである。伊都国は女王の使節を京都(魏の都)・帯方郡・韓半島の諸国などに派遣し、また帯方郡の郡使が倭国に来たら、皆で港に出迎え、外交文書や贈り物を女王に献ずる際はきちんと検査し、間違いがない様にする。

「魏志倭人伝」には、女王の意を受けた伊都国に常駐する警察・行政長官が諸国の検察や外交の任に当たり、文書管理も含め様々な業務をこなしていた様子が事細かに書かれています。これらの業務を円滑に進め、日々の連絡に支障が出ないようにするには、伊都国が女王国のすぐ近くに存在しなければなりません。

従って、女王国は伊都国の近くにあった可能性が高いことになります。ただ、「魏志倭人伝」の書き順からすれば、不弥国の次に女王国が置かれるべきとも考えられます。内容では伊都国が、書き順では不弥国が女王国に隣接する結果となるので明確な結論には至れません。伊都国と不弥国のどちらが女王国に隣接するかは、将来の検討課題としておきます。

ここまでは全て「魏志倭人伝」の記述内容から推論できるものであり、3国と女王国が近接している証拠は数多くあったことになります。一つ問題が残るのは、なぜ3国から女王国までの距離が書かれていないのかと言う点です。古田氏は不弥国と女王国は隣接しているからだとしていますが、この問題は少し後で考えることにします。では、3国と女王国は近接しているはずなのに、100㎞も離れていると言う矛盾の答えを出してみましょう。

上記の問題は難しそうに見えて、実は思ったよりずっと簡単に解き明かすことができます。それは3国と女王国が近接しているケース、100㎞離れているケースのどちらも正しいとすればいいのです。そんな馬鹿な話はないとお思いでしょうが、両方の間に時代差を設けることで可能となります。すなわち、当初3国と近接していた卑弥呼の女王国が、後になって100㎞離れた位置に移ったと設定するのです。

そう、「魏志倭人伝」には伊都国の役割が書かれた女王国の時代(卑弥呼の時代)、そして約100㎞も離れた宇佐に移動した時代(台与の時代)の両方が書かれていたため、矛盾があるように見えたのです。

この問題を「魏志倭人伝」の編纂者である陳寿の立場になって考えてみましょう。陳寿は当初不弥国の次に女王国を置き里数も入れていたはずです。ところが、後から異なる距離情報が入ってきたため混乱し、不弥国の次に女王国を置き里数も入れていた部分を削除するしかなくなったと推定されます。不弥国から女王国までの距離が書かれていないのはそのためと思われます。

不弥国から当初の女王国までの距離を削除した陳寿は、帯方郡から女王国(宇佐に移った女王国)までの総距離のみを記載することで誤魔化したのではないでしょうか?そう考えれば、帯方郡から不弥国までの距離と、帯方郡から女王国までの距離の差が100㎞程度ある謎や、不弥国から女王国までの距離が書かれていない問題も解消され、すっきりした形で理解されます。

ここまでを纏めてみましょう。卑弥呼時代の女王国は不弥国(伊都国の役割から判断すると伊都国)の南に位置していたが、台与の時代になってしばらくの後、宇佐に移った。不弥国から女王国への距離計算が100㎞になるのは、卑弥呼より後の、台与が宇佐に移った時代の情報が書き込まれたからである。(注:宇佐を邪馬台国とするのは高木彬光氏の「古代天皇の秘密」(角川文庫)に書かれており、酔石亭主の推論と内容は異なるものの重なる部分があります)つまり、当初は不弥国に隣接(注:伊都国に隣接していた可能性もある)していた女王国が宇佐に移動し、「魏志倭人伝」には移動した後の帯方郡からの距離のみが書き込まれたのです。

以上、「魏志倭人伝」に見られる矛盾点が、図らずも女王国の宇佐への移動を証明する結果となりました。

卑弥呼が死去した248年から時代を少し下り、台与の時代となった女王国は一時的に宇佐に移動しました。このシナリオにより、不弥国から女王国まで100㎞もある距離の問題は解消され、台与はそこから東に向かい大和に入ったとの見方も現実味を帯びてきます。ただ、これは現時点における推論に過ぎず、もう少し根拠となりそうな史料が欲しいものです。

あれこれ調べたところ、多少の補強材料となりそうな記述が「日本書紀」の神武東征に出ていました。神武東征が史実かどうかは別として、卑弥呼に近い時代の話が反映されていると仮定できそうです。その内容を読むと、行程中の重要な場所として宇佐、吉備、難波が出てきます。卑弥呼に近い時代の九州の王が大和へ赴くに際し、宇佐、吉備、難波の順に移動していたとすれば、卑弥呼前後の時代も同様と推察され「魏志倭人伝」に反映されていたとも考えられるのです。

古田氏の論考は邪馬台国が北九州にあるとの前提となっていために、無理・矛盾が生じたもので、この部分のみを変更し、卑弥呼の都である女王国は北九州にあり、邪馬台国は大和国であったとすれば、ほぼ矛盾のない形に再構成できることになります。

また投馬国と邪馬台国までの行程に関して、台与が宇佐に移動してしばし留まり、その後吉備を経由して大和に入ったなら、明らかに卑弥呼の時代より後の話となり、投馬国と邪馬台国の記事は後から「魏志倭人伝」の間違った場所に挿入されたものとする酔石亭主の視点とも整合してきます。

次回は投馬国と邪馬台国が後の時代になって「魏志倭人伝」に挿入された問題、「南、邪馬台国に至る。女王の都する所」と書かれた女王とは誰であるのか、また邪馬台国は大和にある点などを検討する予定です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

歴史探偵の気分になれるウェブ小説を知ってますか。 グーグルやスマホで「北円堂の秘密」とネット検索するとヒットし、小一時間で読めます。北円堂は古都奈良・興福寺の八角円堂です。 その1からラストまで無料です。夢殿と同じ八角形の北円堂を知らない人が多いですね。順に読めば歴史の扉が開き感動に包まれます。重複、 既読ならご免なさい。お仕事のリフレッシュや脳トレにも最適です。物語が観光地に絡むと興味が倍増します。平城京遷都を主導した聖武天皇の外祖父が登場します。古代の政治家の小説です。気が向いたらお読み下さいませ。(奈良のはじまりの歴史は面白いです。日本史の要ですね。)

読み通すには一頑張りが必要かも。
読めば日本史の盲点に気付くでしょう。
ネット小説も面白いです。

Re: No title

omachi様


ご紹介ありがとうございます。

プロフィール

酔石亭主

Author:酔石亭主
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる