FC2ブログ

名古屋散策 その31


台風21号は関西方面に大きな傷跡を残して去っていきました。関空が浸水被害を受け孤島と化して大変なことになっているようです。この台風がもう少し東寄りだったらセントレアが同じような被害を受けたかもしれません。とにかく、今の日本は常に災害が起きるのを前提として生活せざるを得ない状況です。

今回は名古屋市中区丸の内二丁目3-17に鎮座する那古野神社に行ってみます。社名からしても名古屋市にとって重要な神社だと理解されます。


鎮座地を示すグーグル地図画像。

DSCN2288_convert_20180905083413.jpg
鳥居と境内。

DSCN2290_convert_20180905083617.jpg
巨木ほどではありませんが、比較的大きな樹木。

DSCN2292_convert_20180905083830.jpg
拝殿です。

DSCN2289_convert_20180905083505.jpg
解説板。

Wikipediaの方が読みやすいので以下引用します。

創建は醍醐天皇の御代、延喜11年(911年)と伝わる。津島牛頭天王社(つしまごずてんのうしゃ、現在の津島神社)を総本社とする天王社のひとつで、当初は亀尾天王社と呼ばれた。天文元年(1532年)の合戦で社殿を焼失したが、天文8年(1540年)織田信秀により再建されている。文禄4年(1595年)、豊臣秀吉が社領348石を寄進する。元和6年(1620年)、徳川義直が改めて348石を寄進し社殿を修造する。創建時より若宮八幡社と隣接していたが、慶長15年(1610年)の名古屋城築城の際に、当神社のみ三の丸の郭内に取り込まれ、若宮八幡社は城外に遷座した。これより、三之丸天王社とも呼ばれ、城の総鎮守、城下町の氏神とされた。またこの時、新たに三之丸東照宮(現・名古屋東照宮)と隣接している。


DSCN2291_convert_20180905083733.jpg
もう一つの解説板。画像サイズを大きくしています。

DSCN2294_convert_20180905084123.jpg
境内社の金山神社。これは間違いなく南宮大社よりの勧請でしょう。

DSCN2293_convert_20180905083958.jpg
詳しい解説板です。

次回は隣接する名古屋東照宮を見に行きます。



スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

酔石亭主

Author:酔石亭主
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる