FC2ブログ

東海の秦氏 その7


静岡の秦氏関連で面白いのは、安倍川に沿った地域に秦氏と関係の深い白髭神社が多数鎮座していることです。となると、神社の鎮座地に秦氏特有の地名があるはず。そう思って調べてみると、幾つか怪しい地名が出てきました。

静岡市清水葛沢
静岡市清水蛇塚(京都の蛇塚古墳は秦氏の古墳とされています)
静岡市桂山(桂山には漆畑という名前が多い。明らかに秦氏関連)

安倍川流域も含め、静岡県だけで白髭神社は54社を数えるようです。

しかし、なぜ静岡市に秦氏の痕跡が多く残っているのでしょう。しかも、静岡の地名が秦氏に由来し、秦氏の中心地域が駿府城と県庁所在地となっています。これは、京都の御所が秦氏の居住地だったのと似たような関係です。

この疑問は比較的簡単に解けそうに思えます。なぜなら安倍川に沿って、気を発する糸魚川静岡構造線が走っているからです。糸魚川静岡構造線が発する気を感知した秦氏は、静岡の地に拠点を設けたとは考えられないでしょうか?

構造線の太平洋への出口付近に当たるのが安倍川で、この川を挟んだ賎機山と羽鳥に秦氏の拠点があるのは、決して偶然とは言えません。安倍川流域に白髭神社が集中している理由もそこにあると考えられます。

もっと簡単に考えると、ほとんどの水石産地は秦氏の居住地域だったりして……。糸魚川静岡構造線については以下Wikipediaより引用します。

糸魚川静岡構造線(いといがわしずおかこうぞうせん)とは、親不知(糸魚川市)から諏訪湖を通って、安倍川(静岡市)に至る大断層線である。略称は糸静線(いとしずせん)またはISTL(Itoigawa-Shizuoka Tectonic Line)。(由比町に至るという説もあり)


気の発する地でもある静岡市周辺は秦氏の痕跡だらけでした。深掘りしていけば、さらに面白いものが飛び出す可能性を秘めています。

などと思いながら地図を眺めていると、羽鳥地区の藁科川を挟んだ南側に産女(うぶめ)という地名までありました。


大きな地図で見る
グーグル画像です。

画像左下側が産女で、209と表示ある橋の上流のこんもりしている場所が木枯の森、画像右上の建穂が建穂神社所在地です。

おお産女は、かの有名な妖怪作家・京極夏彦の「姑獲鳥(うぶめ)の夏」に由来するのかと思いましたが、そうではなさそうです。これは秦氏と関係ないのですが、調べてみると実に奥が深いものでした。

産女子安観音縁起によれば由来は以下の通りです。

永禄3年、今川義元(よしもと)が桶狭間(おけはざま)で織田信長に敗れた後、あとを継いだ義元の子の氏真も四方から攻められ、ついに、武田晴信によって、領土を奪われ、藁科渓谷を志太郡徳山村土岐(しだぐんとくやまむらとき)の山中へと逃げてきました。氏真に従って、ここまで落ちてきた武士に信濃の人、牧野喜藤兵衛清乗(まきのきとうべえきよのり)という者がいました。清乗の妻もいっしょに逃げてきたのですが、ちょうど臨月で、正信院近くの「清水のど」のあたりで、急に産気づき、ひどい難産で、とうとう出産できずに亡くなってしまいました。清乗は、手厚く妻を葬りましたが、成仏できなかったとみえ、夜な夜な、幻となって村をさまよい、「とりあげてたもれ(助産してください)」と、悲しげに頼みました。村人は哀れに思い、「とりあげてさし上げたいと思いますが、あの世に去った人のこととて、いかにすればよいやら」といいますと、「夫のカブトのしころ(錣)の内側に、わが家に伝わる千手観音を秘めてございます。その御仏に祈ってくださればよいのです。これからは、子どもの恵まれない方、お産みになさる方は、この御仏にお祈りしてください。必ず、お守りくださいます。」といいました。そこで、村人は、千手観音を見つけだし、さっそく、正信院に納め、清乗の妻のために祈ってやりました。すると、清乗の妻の幻があらわれ、お礼をいい、「この村をお守りしたいと思いますので、私を山神(さんじん)として、祠(ほこら)をお建てください」といいますので、近くの「いちが谷」にお宮を建て、産女大明神としてお祭りしました。以後、村ではお産で苦しむ者がいなくなったといいます。後に、村の名を産女(うぶめ)、正信院の山号も通称「産女山」と呼ぶようになりました。

戦国の悲しい物語ではありますが、実は愛知県豊川市牛久保にも海見(うぶめ)という地名があります。しかも牛久保には徐福伝承があり、秦氏の居住地域(詳細は別途書きます)でもあり、牛久保城主は牧野出羽守保成(やすなり)でした。秦氏とは直接関係ないものの、この物語の場所はいずれも秦氏に関係しています。三河稲垣氏の関連でも産女が出てきますので、参考までに以下Wikipediaより引用します。

文明年間 (1469年 - 1486年)には伊勢から三河宝飯郡牛窪に移り、稲垣藤助重賢が、牧野氏に仕えたとある。
はじめ駿河・遠江の戦国大名今川氏に味方して松平清康軍を相手に奮戦した。藩翰譜には重賢の戦死の事実だけが記載されるに留まる。
だが、寛政重修諸家譜には、享禄元年(1528年)、吉田(豊橋市)方面から牛久保に軍勢が押し寄せたときに、稲垣重賢は防戦して宝飯郡産女塚で配下16名と共に討ち死にしたと、対松平氏戦に関する若干の記述がある。


静岡市と豊川市。産女と海見。秦氏と秦氏。一体どんな縁で似たような物語が生まれたのでしょうか?とても不思議に感じられます。

静岡を過ぎると焼津市に入ります。焼津にもかつて駿河国益頭郡八田郷があり、広幡の地名も残り秦氏の痕跡が認められます。そう思いながら地図で焼津を見ていると、大崩海岸続きに虚空蔵山がありました。これは怪しいと思い、調べてみると…。ここには當目山香集寺があります。お寺の由緒によれば、以下の通り。

當目山香集寺の本尊である虚空蔵菩薩は、聖徳太子の作といわれ、伊勢朝熊(国宝)、京都嵐山とともに日本三大虚空蔵尊の一つに数えられるもので、弘仁6年(1160余年前)弘法大師が當目山に安置したと伝えられています。

聖徳太子に空海に虚空蔵山と、全てに秦氏の関与が窺われます。でも、なぜここが虚空蔵山なのでしょう。答えは簡単に出ます。大崩海岸から虚空蔵山にかけては糸魚川静岡構造線の南端に当たり、またフォッサマグナの太平洋への出口だったのです。中央構造線の伊勢朝熊、糸魚川静岡構造線の虚空蔵山。全く同じ関係から気を知る空海がここに関与し、その背後には秦氏の影があると理解できますね。

次回は大井川周辺を見て回ります。

               ―東海の秦氏 その8に続く―
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

>  牛久保在住の者です。
>  徐福伝承は、近年に生じた都市伝説です。
>  
コメントありがとうございます。ただ、近年の都市伝説だとして、いつごろどんな形で発生し、どう伝播したものなのか、お示し頂かないとご返事しようがありません。ですが私としては、以下のように考えています。

牛久保の徐福伝承に関しては、菟足神社に設置された豊川市教育委員会による解説板を根拠にしています。内容を見る限り近年の都市伝説とは言えないと思いますが、いかがなものでしょう?また、徐福伝承は徐福の子孫を自称する秦氏が担って各地に広めたものである、というのが私の考えで、カテゴリ「相模国の秦氏」などに書いています。言い換えれば、徐福やその子孫が実際に牛久保も含め各地に渡来したかどうかを問題・議論にしているのではありません。教育委員会の記述が絶対だとは思いませんが、仮に誤りがあったとしても、秦氏が豊川周辺エリアに居住していたのはほぼ確実で、豊川・豊橋エリアの徐福伝承発祥の深淵はそこにあると思います。そうした背景があって近年の都市伝説が成立したとするなら、それはそれで多少の意味もあるのではないでしょうか。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

>  いつからということですが、三十年あまり前の山本紀綱著『日本に生きる徐福の伝承』(謙光社)第五章「三河地方における徐福関係の伝承」が発端です。
>  この「三河地方における序服関係の伝承」については、推測だけで根拠は書かれていません。
>  すでに地元では、十数年前に医師の大島信雄さんが、「愛知県宝飯地方の徐福伝説」(『豊川医報』八一・八二号)で考証し、根拠なしとの結論が出ています。
>  菟足神社に設置されている旧小坂井町教育委員会の解説板は、上記山本氏の著作に基づくものですが、上述のように、地元ではすでに根拠なしと結論が付いています。
>  ある種の観光資源としての掲示板です。ちなみに同神社の神主のMさんは、私の知り合いですが、同掲示板を早く取り外したいとのことです。

早速のご返答ありがとうございます。本であれば過去の伝承を拾い上げて論じているのでしょうから、近年の都市伝説とは異なりますね。私はどちらの本も読んでいないので、それぞれで徐福伝承がどう扱われているかはわかりません。ただ、徐福に関しては教育委員会解説板も伝説としています。そもそも伝説・伝承とは具体的な根拠はないけれど、そんな話が伝わっている、といった類ものだと思います。そこに具体的・学問的な根拠を求めても、もちろん出てはこない訳ですが、だからといって全部否定し、切り捨てるべきではないと思います。例えば天照大神の実在を証明することはできません。けれども、伊勢神宮には立派な社殿があって千数百年に亘って信仰を集めているのは紛れもない事実です。
私の場合は、徐福伝承を秦氏の存在証明的に扱っているだけで、伝承の真偽を問う立場で考えてはいません。徐福伝承のある土地のほとんどには秦氏の痕跡があるので、徐福伝承は秦氏が担って広めたのではないかと推測しています。この点はご理解いただけると思っています。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

>  山本紀綱著『日本に生きる徐福の伝承』の第五章では、過去の伝承を拾い上げているわけではありません(ほかの章は知りません)。つまり「三河地方における徐福関係の伝承」は、この本が発行された三十年余り前に始まったわけです。
>  換言すれば、この本が発行される前には、地元の三河では、徐福伝承などというものはなく、そんな話が伝わっているなどということはなかったわけです。だから近年の都市伝説だといっているわけで、解説板を設置した旧小坂井町教育委員会でさえ、山本氏の著作を読んで遠方から確認に来た人がいたときに、そんなことは始めて聞いたというのは、地元では有名な話です。
>  ありもしない話だが、観光資源として設置してあるというのは、こういうことです。
>  地元で事情を知っている者からみれば、何を馬鹿なことをというのは、よくあることです。
>  Wikipedia程度のいい加減な情報ではなく、ちゃんとした書籍に当たるべきでしょう。

どうも話がかみ合いませんね。教育委員会解説板は「牛窪記」(元禄十年頃成立)の内容を記載しています。私はHAL様のようにこの内容の真偽・根拠を問う立場ではありませんが、「牛窪記」に書かれている内容自体が、根拠はないがそんな話があるということ(つまり伝承)なのではないでしょうか。
三河地方における徐福関係の伝承は三十年余り前の山本氏の著作に始まったとのことですが、衆議院議員まで務められた大口喜六氏の「国史上より見たる豊橋地方」(豊橋市史談刊行会)は昭和12年となります。
Wikipedia程度のいい加減な情報とは、Wikipediaのどの情報がどういい加減なのでしょう。もちろん誰にでも誤りはあるでしょうが、ご発言は、時間を割いて書かれている多くの方達全体に対して大変失礼だと思います。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

>  『牛窪記』、『牛窪密談記』などで登場するのは、徐氏古座次郎であり、徐福ではありません。
>  徐氏古座次郎については、神主・神保氏との関係でしょう。
>  大口喜六については、ほとんどあてにならないというのが、地元の歴史に興味を持っている者の見解でしょう。
>  代議士の歴史観なんていうのは、ど素人ですからね。
>  改めていえば、三河の徐福伝承というのは、山本氏の著作及びその読者が三十年前に広めたということです。
>  加えておけば、Wikipediaは大まかな「当たり」をつけるために利用するものであり、深い情報は記載されていないと考えたほうがいいということです。たとえ労力を要していても労力と精度は比例するものではありません。

どうもおっしゃられることが理解できません。HAL様は山本氏以前に三河に徐福伝承はないとされましたが、実際にはある訳です。大口氏に関してど素人ときついお言葉ですが、一般的に伝承は村人たちが、「うちのじいさんよくこんなこと話していたっぺ」などというものが元になるのですから、代議士の歴史観云々は全く関係ないし、大口氏以前に伝承があったことを否定できないと思います。なお大口氏も伝説に関して何ら拠るべきものはない、とされています。そういう言い伝えはあっても根拠がないとされているのは、正当でまっとうな記述だと思われます。
徐福の孫とされる徐氏古座次郎に関する「牛窪記」の記述も、大昔のことですから、事実を反映しているかどうかなど誰も確認できません。しかし、そのような伝承があること自体は否定できません。元々地域の伝承ですから、広まっていないのは当然ですが、いずれにせよ、山本氏だけでなく大口氏以前の段階からそのような伝説・伝承自体は存在していたことになります。伝説・伝承が存在することと、それが当てになるかどうか、根拠があるかどうかは全く別の話・議論だと思います。
なお、議論の方向が実りのないものになりそうですし、コメント欄で議論しきれるものではなさそうなので、本件はこれで打ち切らせていただきます。HAL様におかれましては、ご自分のホームページに自説をご展開いただければ、と思います。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

>  そもそも徐氏古座次郎が徐福の孫というのは、何が出典でしょうか?
>  少なくとも「牛窪記」には、そのような記載はございません。「牛窪密談記」、「宮嶋傳記」などの牛久保関連の古文書には出てきませんし、枠を広げ「三河冊補松」「三河雀」などの「三河文献集成」等に載る三河の文献にも「徐氏古座次郎は徐福の孫」などという記載は出てきません。
>  まず、この出典を教えてください。
>  つぎにどのような分野でも基本書というものがあります。
>  宝飯郡の歴史については「神社を中心としたる寶飯郡史」がこれに当たります。
>  この本は、郡制廃止の記念に寶飯郡神職會が始めたもので、十数年の編纂期間を掛け発刊されたものです。
>  編著者は太田亮、いうまでもなく家系・系図の大家です。宝飯郡に関係した氏族についても当然、書かれていますが、秦氏については、触れられていません。
>  つまりこの本が発行された昭和の始めには、宝飯郡に徐福伝承などというものは、存在していないのです。
>  明治に出された早川彦衛門の「三河国宝飯郡誌」にも秦氏関連の記載は出てきません。

教育委員会の解説板をご覧ください。もしこれが間違いということでしたら、即刻教育委員会に文面の訂正を申し入れられたらよいと思います。
以下の文面はHAL様ご自身がお書きになったものです。ご記憶にないのでしょうか?

ちなみに太田亮編著『神社を中心としたる寶飯郡史』にも「神主神保氏の祖は熊野秦氏なり」(国書刊行会復刻版五五一頁)とあります。

もちろんどんな分野でも基本書はあると思います。そう言ったものから外れているから、いわゆる伝承・伝説として扱われているのです。単なる言い伝えや伝説に過ぎないから記述内容を否定するというのは一つの見識で正しいと思います。伝説でも状況証拠から正しいと思う方もいます。伝説で根拠はないが何かしら背後にあるかもしれないと思う方もいます。いずれもそれぞれの方の考え方で私は尊重したいと思います。しかし伝説の存在自体を否定されるのはいかがなものかと思います。いずれにしましても、これを最後としてください。

はじめまして。

古代史で検索をかけて色々見ていたら、こちらのサイトへ辿りつきました。
25歳の時に秦氏である事に気づいたのですが、それからは大型書店や古書店などに立ち寄った時に秦氏と関係ある書籍などを無意識にも探してしまい色々読み漁ったり、その後はネット上で色々な情報を検索しながら15年の月日が経ちました。

こちらには私が知らなかった秦氏の歴史について載せられていたので
じっくりと拝見させて頂きたいと思います。

Re: はじめまして。

秦氏様

ご訪問いただき光栄に存じます。

秦氏の謎は秦氏に関して見ていくだけでは解けないと思います。
それは世界のありよう(構造)と関連しているからです。
全体構成をご理解いただくため、是非カテゴリ「人類進化の謎を解く」から「秦氏の謎を解く」まで、各カテゴリを順にお読みください。

「相模国の秦氏」、「東海の秦氏」は個別記事の集積なのでその後でいいと思います。


プロフィール

酔石亭主

Author:酔石亭主
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる