FC2ブログ

鎌倉大仏の謎 その18


前回で、幕府は金銅大仏を三浦一族の墓所に造立しようと考えた、との推定に達しました。
この場所は三浦一族の墓所であるのみならず、大仏造立を発願していた頼朝の墓所の隣でもあるのです。この二つの意味を考えたとき、幕府の意志が明瞭に見えるように思われます。けれども安達氏は幕府の意向に反対し、多分、造立費用のかなりの部分を自ら負担すると申し出たのではないでしょうか。幕府はやむなく同意します。

以上の経緯を経て、安達氏が主導し、幕府が陰から支援し、忍性の律宗組織が資金・建造に関与し、ようやく金銅大仏が1252年に鋳造され始めました。忍性は桑ケ谷にも療養所を開設しますが、ここは甘縄神明神社と大仏の中間点にあります。桑ケ谷に忍性の療養所があること自体、彼の安達氏との関係、大仏への関与を明確に示すものだと思われます。


大きな地図で見る
グーグル地図画像。

大仏、桑ケ谷療養所、甘縄神明神社の位置関係を示します。療養所は雷神堂の辺り。

そして金銅大仏は1264年までに完成します。ここまで見た限りではなお、安達氏が幕府に疎まれる一族であったという最後の条件を満たしていません。では、4代目の安達泰盛以降彼らがどうなったかを見ていきましょう。以下Wikipediaより引用します。

4代泰盛は、時頼の嫡子北条時宗に実妹(覚山尼)を養女として嫁がせ、覚山尼は9代執権北条貞時を産み、泰盛は時宗の舅、貞時の外祖父として北条氏以外では最有力の御家人の一人となる。元寇に際して越訴奉行、恩賞奉行を務めた。…中略…北条得宗家に仕える御内人の代表である内管領の平頼綱と対立し、弘安8年(1285年)の霜月騒動で頼綱の讒言により、執権となった貞時の命で討たれ、一族の多くが殺害された。

…中略…安達一族も泰盛の弟顕盛の孫である安達時顕が安達家の家督を継承している。頼綱滅亡の翌年には騒動の罹災者の復権が進んだが、時顕が文保元年(1317年)に霜月騒動で討たれた父宗顕の33回忌供養を行った際の記録には、その頃まで泰盛の供養がタブーであった事が記されている。


1285年は「吾妻鏡」が編纂されるおよそ15年前となります。編纂当時の北条氏にとって安達氏は頼朝の意志を継いで大仏を造立し、執権貞時の命で討たれた一族でした。泰盛の供養が1317年までタブーであったとすれば、安達氏が主導した金銅大仏造立に関する記事を書くのもまた不可能だったことになります。

大仏造立に関する最後の条件、「幕府に疎んじられた」という部分も、以上で完全にクリアされました。また彼らは、幕府の意向に反して自ら大仏造立を主導しています。しかも安達氏に協力した忍性と律宗組織は鎌倉の裏社会、穢れの部分を受け持つ組織でした。

頼朝が発願し安達氏と忍性が主導した金銅大仏造立の詳細を幕府の歴史書に記すことはできない。編纂者あるいは北条氏の中にそうした意識が生じていたとすれば…。「吾妻鏡」に、忍性の存在と金銅大仏造立の経緯が見られないのは当然と言えましょう。

東大寺大仏から鎌倉大仏へと続く500年の地下水脈を受け継いだのは、安達氏と忍性(律宗組織)でした。彼らの手によって、金銅の鎌倉大仏は1264年までに造立され、現在の私たちはその姿を拝することができるのです。

鎌倉大仏の謎解きは以上で終了です。それにしても、かなり長いシリーズになってしまいました。もっと細かく書きたいとも思いましたが、多くの方に論じられている部分を後からなぞっても意味がないので、ポイントを絞り、推理小説の手法もお借りして一応完結させたものです。なお、関連の事項で洩れている部分もあり、そのうち書いてみたいと思います。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

酔石亭主

Author:酔石亭主
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる