FC2ブログ

今年らしいゴールデンウイークの過ごし方

鎌倉歳時記
05 /06 2011

ゴールデンウイーク後半戦初日の3日は本当に春らしい行楽日和でした。テレビによれば近場の観光地はどこも人でいっぱいだったとか。ようやく自粛モードも解除されつつあるようです。酔石亭主も思いっきり近場の鎌倉へ…。お昼の鎌倉駅周辺は以前にも増して大変な混雑ぶりです。

もっとも酔石亭主の目的地はあくまでディープでマイナーな場所。観光客など一人も居りません。どこへ何しに行ったのかは、ずっと後にご紹介するとして、ついでに撮影した写真をご紹介します。ただ、行き当たりばったりで撮っただけなので統一感やテーマはまるでありません。

004_convert_20110505131145.jpg
まずは定番の段葛です。

道の左右につつじが咲き乱れ良い香りを放っています。朝はまだ人も少なく本当に良い気分で歩けました。この時期の鎌倉はどこを歩いてもつつじの花をむ見ることができます。まだ週末までは楽しめると思いますので、是非お越しください。

013_convert_20110505131244.jpg
道路にはめ込まれた鎌倉市の市章。笹竜胆紋。マンホールの蓋にも見られます。

026_convert_20110505131335.jpg
上行寺の山門裏側にある左甚五郎作とされる龍の彫り物。

上行寺は無料で本堂内部の拝観が可能なお寺です。本堂の外壁には癌除、瘡守稲荷、鬼子母神などと大書された看板がかかっています。場所は安養院の向かい。

029_convert_20110505131543.jpg
安養院のエビネ蘭。

027_convert_20110505131440.jpg
安養院の宝篋印塔。

この宝篋印塔は鎌倉最古のものだそうです。つつじの花に包まれるようにして建っています。安養院はつつじで有名ですが、境内入口のものはまだこれからでした。

安養院のほど近くにあるのが日蓮で有名な安国論寺です。

039_convert_20110505132123.jpg
解説板。

ここは日蓮の鎌倉における布教の拠点となった場所で、松葉ヶ谷草庵跡とされています。境内は木々の緑に埋め尽くされています。

032_convert_20110505131626.jpg
エビネ蘭。

037_convert_20110505132039.jpg
御法窟。日蓮が「立正安国論」を執筆したとされる場所。

036_convert_20110505131919.jpg
釈迦像。どう見ても日本で製作されたものとは思えません。

033_convert_20110505131704.jpg
白いつつじ。

035_convert_20110505131802.jpg
南面窟。

南面窟は日蓮が松葉ヶ谷法難時に、白猿に導かれて避難した場所とされています。御法窟からすぐのここが本当に南面窟なのか議論があります。隠れるなら鎌倉の境界領域である法性寺辺りが適切となるのです。



スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

酔石亭主

FC2ブログへようこそ!