FC2ブログ

秦さんはどこにいる? その2

秦さんはどこにいる?
08 /22 2011

今回は四国を見ていきます。以前高知市に秦氏地名が多い点を指摘しました。だとすれば、高知県には秦姓の方が多いはずですが…。

高知県:何と秦姓は県全体で僅か7人でした。この少なさは異様にさえ思えます。典型的秦氏地名の幡多郡大月町もゼロ。何とも不可解ですね。
愛媛県:全部で265人。新居浜市126人。西条市74人。今治市34人。松山市14人、四国中央市が11人で後は1人かゼロです。全体数が多いのに加え、かなりの偏りが見られます。
香川県:全部で84人。綾歌郡綾川町38人。高松市18人。丸亀市11人。後は微々たるもの。
徳島県:全部で84人。徳島市26人。美馬市20人。板野郡藍住町12人。

四国全体では新居浜とお隣の西条市に秦姓が多く見られます。仁徳天皇の頃に、新居浜の大生院に多くの秦氏が来たらしく、その後もこの地に定着したのでしょう。大生院に創建された正法寺は秦氏の関与があります。

奈良時代に神野郡(現在の新居浜)に居住していた奉氏系の女性が宮中に仕え、嵯峨天皇の乳母となり、賀美野宿禰の称号を賜りました。賀美野宿禰はその後宮中を退き神野郡に帰郷。秦氏の氏寺として建てたのが正法寺とされています。

また神野郡には上仙という秦氏系の修行僧がいて、正法寺はこの上仙を開基として建立されたとも言われています。近くにある王塚古墳と王神社は地元民から聖王と呼ばれた秦氏にちなんでいるようです。


大きな地図で見る
正法寺と王神社を示すグーグル画像。古墳は王神社の北東の田んぼの中。

現在でも新居浜市には秦玩具、秦家具、西条市には秦自動車工業、らくれん牛乳秦音販売店などの秦を冠した社名が見られました。

次に、人口3万人ちょっとの小都市である美馬市には、なぜか20人も秦姓の方が居られます。それはどんな理由によるのでしょう?まず美馬市を吉野川が流れます。この流域は中央構造線に沿っています。大地が発する気の力を知る秦氏にとって、美馬市は定着するにふさわしそうな場所ですね。

美馬市から連想されるのは剣山です。剣山に関しては以下Wikipediaより引用します。

剣山(つるぎさん)は、四国に位置する標高1,955mの山で、近畿以西の西日本および四国第二の高峰であり、徳島県の最高峰である。徳島県三好市東祖谷、美馬市木屋平、那賀郡那賀町木沢の間に位置する。日本百名山の一つ。


剣山の所在地に美馬市が含まれ、しかも剣山への主なアクセスは美馬市穴吹町からとなります。穴吹町には秦眼科がありました。


大きな地図で見る
美馬市と剣山を示すグーグル地図画像。

以上から見えてくるものがありそうです。一説によると、剣山には「契約の聖櫃」が隠されているとか。

聖櫃を隠した剣山へのアクセスが理由で、美馬市には秦姓が多いのかもしれません。東祖谷も剣山へのルートですが、祖谷を逆に読むと「ヤソ=耶蘇」でイエスになってしまいます。秦氏とキリストは剣山へのルートを押さえ、聖櫃を守っているのでしょうか?秦姓の分布を見ていくとこんな想像もできるのですから、面白いですね。

問題は、九州、四国における秦氏の本拠地豊前国、高知に秦姓がほとんど存在しない点です。何だか、とてもややこしいことに首を突っ込んでしまったような気がしてなりません…。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

早川城主の子孫 1200石大庄屋 秦家19代

今はヒューストンに住んでいます。

Re: 早川城主の子孫 1200石大庄屋 秦家19代

秦さん

コメントありがとうございました。
突然のことでちょっとびっくりしました。

さて、秦さんの御先祖は秦備前守と考えてよろしいのでしょうか?
また神野氏も元々は秦氏だったのでしょうか?
大秦公忌寸浜刀自女=賀美野宿禰→神野?

色々わからない部分が多いのですが、もし差し支えないのであれば、もう少し詳しくお教えいただければと思っています。

No title

賀美野宿禰⇒神野宿禰
嵯峨天皇即位後、神野采女正(ジンノウヌメノカミ)

笹ヶ峰山麓新居郡早川の地主になったとの記し
昭和61年愛媛県再発行伊予国古文書抜粋

Re: No title

参考情報ありがとうございました。

上仙菩薩

上仙菩薩は神野群(現新居浜市)一宮神社の社家矢野(秦氏)で生まれたとあります。

石鉄山往生院正法寺の由緒書には宮中に仕えていた賀美能宿禰が帰郷後に「親族でもある秦氏の高層・上仙菩薩を開基として建立した」とあります。

Re: 上仙菩薩

情報ありがとうございました。

秦氏の関係地は関東、東海、近畿の一部などを訪問していますが、近畿から西は土地鑑もなく、
まったく訪問できていません。このところの新コロナ騒動で増々行けなくなりそうです。
そうした中での情報は貴重なものとなります。今後ともよろしくお願いします。

酔石亭主

FC2ブログへようこそ!