FC2ブログ

MORNING GLOW


Morning glowは朝焼けを意味する英語です。朝焼けに関しては次のような英国のことわざがあります。

Red sky at night, shepherd’s delight; red sky in the morning, shepherd’s warning.

夕焼けは羊飼いにとっての喜びだが、朝焼けは羊飼いにとって警告だ―と言ったような意味でしょうか?このことわざは、「夕焼けの翌日は晴天だから羊を野に放ち草を一杯食べさせられる。だから喜びなさい。でも、朝焼けだったら天気が崩れる予兆だから注意しなさい」と伝えているのです。

なぜこんなことを書いたかと言うと、昨日の早朝、滅多にないような素晴らしい朝焼けを目にしたからです。

009_convert_20110901122920.jpg
朝焼けです。

まっ黒な雲が西から空を覆い、東側に雲の切れ間があって朝焼けになっています。写真では、実際に見た朝焼けの空気感をどうしても表現できません。腕が悪いですね。

010_convert_20110901122935.jpg
少し明るくなってきました。

012_convert_20110901122951.jpg
もう一枚。

014_convert_20110901123011.jpg
さらに一枚。同じような写真ですが…。

このことわざには船乗りバージョンもあるようです。見事な朝焼けの背後に巨大な台風が控えているなら、船乗りたちは綺麗だなどと言っていられません。直ちに避難する必要があるのです。

朝焼けと連動しているかのように、台風12号はゆっくりと日本に接近しつつあります。ことわざとして書かれた内容は、現代でもそのまま通用しそうですね。

夕焼けの翌日は晴天だと多くの方が知っています。けれども、朝焼けだとなぜ天気が崩れるのでしょう?朝焼けは、その地域の湿度が高くなり、雨が近くなりつつあるときによく発生するそうです。確かに昨日の早朝は、午前5時前でも蒸し暑い状態となっていました。

では、雨が近くなって朝焼けが起きるには、具体的にどんな気象状況が必要なのでしょう?日本では一般的に西から天気が崩れてきます。天気が崩れる少し前の気圧配置は、高気圧が東側にあり、西側から低気圧が近づいている形になっています。

それが早朝だと、太陽の昇る東側で雲が切れ、西側は雲に覆われる状態となります。この条件下で、私たちは朝焼けを見ることができます。昨日も同様の空模様で綺麗な朝焼けが見られました。朝焼けが綺麗だと天気が崩れると言う言葉の裏には、上記のような気象状況があったのです。

でもそれは、日本から遠く離れた英国でも同じなのでしょうか?この間の事情はわかりません。

地震や津波に関しても、警告となる適切なことわざが作られるといいですね。

スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

酔石亭主

Author:酔石亭主
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる