FC2ブログ

北鎌倉の光照寺


「富士山麓の秦氏」などを書いている中で、秦氏が関与する寺の名前は光明寺や光照寺ばかりであるのに気が付きました。光明や光照は景教(キリスト教の一派)の「景」を意味しており、秦氏景教徒説に繋がっていきそうな雰囲気もあります。

一方、北鎌倉にも光照寺があります。この寺は前にも行ったことがありますがが、安倍晴明関連で北鎌倉を歩いたついでに立ち寄ってみました。何か秦氏や徐福に関連するものがあるのでは、と期待してのことです。

040_convert_20120303083713.jpg
山門です。小さなお寺です。

037_convert_20120303083749.jpg
解説板。

山門の欄間にはキリスト教を意味する「クルス紋」が掲げられ、隠れキリシタンを受け入れていた伝承も残されています、とあります。なるほどだから光照寺なのかと納得ですが…。秦氏や徐福には繋がりません。

039_convert_20120303083820.jpg
欄間。

複雑な形のクルス紋です。山門は岡藩(豊後の中川氏)江戸屋敷の菩提寺だった東渓院の門を移築したものであることから、中川クルス紋と呼ばれています。他にもキリシタンが納めた燭台があるとのこと。

038_convert_20120303083859.jpg
おしゃぶき様です。祠が新しくなったようです。咳の神様とのことですが、よくわかりません。

他に見るべきものはなさそうです。もう一度解説板に戻ってみましょう。時宗開祖の一遍上人が云々とあります。一遍上人は延応元年(1239年)に四国の伊予国(愛媛県)で生誕しました。幼名は松壽丸。河野氏の出で、伊予越智氏から 分かれた一族とされています。

驚いたことに、両氏に伝わる家伝書の「内伝」によると、先祖は秦の徐福とのことです。

北鎌倉の光照寺も秦氏や徐福と関係があったのでしょうか?そこまで繋げるのはいささか強引すぎるようです。それでも、寺の名前と上記した寺を取り巻く雰囲気には何か関連がありそうな気がします。名前の背後に隠されたものがあるのは確かだと思えてならないのです。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

酔石亭主

Author:酔石亭主
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる