FC2ブログ

大磯・高麗山の秦氏 その14

大磯・高麗山の秦氏
08 /02 2012

日之宮神社から立石に向かいます。広い坂道を数十メートルほど降っていくと、大きな岩が目の前に現れました。

015_convert_20120730070216.jpg
立石です。小さければ水石になりそうな岩肌を持っています。

017_convert_20120730070256.jpg
解説板。内容は以下の通りです。

この立石は、底部3.3m高さ3.5mほどの座像を思わせるような形をした自然石である。 この立石には、二つの伝説があり、その一つは日本武尊が東征の折、山づたいにここまで来られ、この石に腰掛けてしばし休息をされて、附近一帯を眺められたという。もう一つの伝説は、この石を七回半廻ると、どこからか大蛇が出てくると伝えられ、昔から不思議な石である。

座像を思わせるような形をした自然石とあります。写真の石はそのように見えないので廻り込んでみると…。

018_convert_20120730070337.jpg
なるほど納得の姿です。誰かが置いたようにも見えます。

021_convert_20120730070411.jpg
横から見た写真。水石みたいですね。

019_convert_20120730070455.jpg
部分を拡大。小さな祠になりそうな穴です。

ここには日之宮神社だけでなく、日本武尊や大蛇の伝説まであるのですから、古くから信仰の山とされていた可能性はあります。しかし、秦氏の痕跡は出てきません。

              ―大磯・高麗山の秦氏 その15に続く―
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

酔石亭主

FC2ブログへようこそ!