FC2ブログ

庄内川石 その24


別のタイプの庄内川石です。この手の石もそこそこ川で見られます。

001_convert_20130208132310.jpg
庄内川石。高さ12cm。

石の形はどうも陰石に見えそうです。大縣神社にでも奉納したらいいのかもしれませんね。

002_convert_20130208132328.jpg
拡大画像。

あまり拡大すべきものではないのかもしれませんが…。

話は全く変わりますが、中国海軍による自衛隊護衛艦への火器管制レーダー照射に関して、中国側から「日本が対外公表した内容は事実に合致しない」との回答があったとのことです。全く自分に都合が悪くなると嘘ばかりつく中国の体質がよく現れていますね。

ただここで留意すべきは、レーダー照射に関して多分中国側の上層部は何も知らなかったと思われることです。それは中国外務省報道官の話からも推測できます。もしそうであれば、現場が勝手に判断して暴走したことになり、日本や米国の強い抗議に対して上層部としては、レーダー照射はなかったとするしか方法がないと判断したのでしょう。

中国の政権が軍を掌握し切れていないとすれば、偶発的な発砲や何らかの事故が起きる確率はぐんと高くなります。もちろんその場合、中国は日本の艦船が先に発砲したと嘘をつくのでしょうけど…。日本としては、そうした事態に至らぬよう十分な注意が必要です。


庄内川石 その23


先週、庄内川で探石しました。既にほかの探石者も来ており話をお聞きしたところ、碧玉を探しているとのこと。25歳から庄内川の探石を始め、既に100石ほど揚げたそうです。多分40年以上の探石結果と思われるので、一年に2、3石揚がる計算になります。またこの河原では青碧を10個揚げたと言っておられました。凄いと思いますが、とても真似はできません。

011_convert_20130207160504.jpg
庄内川石。左右12cm。

これも米点です。台座に載せていますが他の石のものを流用。

010_convert_20130207160446.jpg
拡大画像。

009_convert_20130207160423.jpg
もっと拡大。

今回は残念ながら床飾りできそうな石に巡り合えませんでした。

庄内川石 その22


前回の探石で庄内川の真黒石を探してみましたが、なかなかありません。取り敢えず写真の石を持ち帰っています。

026_convert_20130129084512.jpg
庄内川石。小品です。

一応山形です。四万十川石のような雰囲気を狙ったものの、そこまでの黒さはなく参考品に近い石と言えるでしょう。

027_convert_20130129084556.jpg
もう一枚。

石質は軟らかそうで、粘板岩か頁岩ではないかと推測します。次の探石ではもっと真っ黒な石を探してみたいと思っています。

庄内川石 その21


虎石はホルンフェルスと粘板岩が交互に層を成した石とされています。庄内川の虎石は色も様々で、この定義に必ずしも当てはまらない可能性もあります。でも、岩石学は専門家にお任せするしかないので、ここでは追及しません。

虎石の場合、2種類の異なる石質が層になっているため、うまく層がはがれるあるいは割れると段石になります。そうした景の石がないか探したところ、ようやく見つかったのが小品の虎石です。

010_convert_20130127112154.jpg
虎の段石。左右13cm。

ほぼ綺麗に割れており、薄いホルンフェルス部分の坡面は平坦となっています。

007_convert_20130127112129.jpg
拡大画像。

011_convert_20130127112214.jpg
角度を変えて撮影。

もう少しホルンフェルス部分に厚みがあり、石質が良ければなどと無い物ねだりしたくなります。

庄内川石 その20


以前庄内川石の米点をアップしました。形はないものの、珍しいと思ったからです。その後河原を歩いても、梨地や虎は数多くあるのに米点はさっぱり見られません。でも、ようやく今回米点のような石を揚げました。

001_convert_20130126090459.jpg
庄内川石。左右14cm。

この石は米点にしては点が大きすぎます。水石のカテゴリにあるかどうか不明ですが、一応豆点とでもしておきましょう。

002_convert_20130126090531.jpg
拡大画像。

003_convert_20130122151258.jpg
角度を変えて撮影。

004_convert_20130122150822.jpg
さらに拡大。

もっと米点や豆点を探したいと思いますが、今朝は雪が積もっていますしとても寒いので、川に行く気にはなれません。せめて最低気温が3度、最高気温が11度程度になればと思うこのごろです。

プロフィール

酔石亭主

Author:酔石亭主
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる